【今さら聞けない】オーガニックとボタニカルどっちが良い?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シャンプー、トリートメント関連

お疲れ様です、大悟店長です。

 

年を重ねるにつれてどんどん気になっていく髪の毛。

シャンプー剤を選ぶとき、どんな基準で選んでいますか?

 

内容成分、金額、効果効能、どれも大事です。

なかには「私はボタニカルを使ってるから大丈夫!」なんて方もいるかもしれません。

 

ご自分に合ったものであればそれは全く問題ありませんが、『オーガニック』と『ボタニカル』の違いって、ちゃんと理解してないとちょっと損してるかもしれないですよ?

 

髪の毛のケアについてはこちらも一緒に↓

【美容師が教える】一番楽な髪の毛の乾燥対策はこれ

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

何故髪の毛は弱くなるのか

冬場などの乾燥が気になってくる時期は髪の毛は傷みがち、年齢によってどんどんハリ・コシもなくなってきます。

 

サロンで働いていると、

 

「年齢のせいか最近どんどん髪の毛が細くなってきちゃって…(;´Д`)」

 

みたいな話をよく聞きます。

 

実際のところは髪が細くなるというよりかは、髪の中の芯の部分(メデュラ)が加齢により弱まり、その影響で髪自体が細くなってくるという現象です。

 

じゃあなんで芯が弱くなるのかというと、栄養不足なんですね。

 

ざっくり説明すると、本来髪の毛は食事をして取った食物の栄養が体に入り、内臓だったり骨だったり筋肉だったりのまず重要な器官にその栄養がいき、最後に残った搾りかすみたいな物が髪の毛になります。(ほんとにざっくり…w)

 

でも、加齢によってその本来いくべき栄養を送る力が弱くなったり、少食になってあまり量を食べることが出来なくなったりすると、結果的に髪の毛までいくはずの栄養が回らなくなっていく。

 

で、弱ってしまうと。

 

細く弱った髪は明らかにハリ・コシがなくなっていきます。

 

パーマをかけてボリュームを出すのが美容師としての施術にはなりますが、やっぱり薬剤なんで当然傷みも出てくるし、そんなに頻繁にやるのは経済的にも厳しいですよね。

 

育毛剤というやり方もありますが、つけ忘れや面倒だったりという事もあり、あまり長続きする方も少ないです。

 

なので、シャンプーで栄養を取り入れるというのが楽に出来る方法になるんですね。

 

スポンサーリンク

そもそもオーガニックとは

『オーガニック』という言葉が広く知られる様になってずいぶん経ちますが、意味を知ってる方って意外と少ないんです。

 

オーガニック

オーガニックとは〈有機の〉という意味で,通常は農薬や化学肥料を使わず有機肥料によって生産された農産物をいう。アメリカでは1990年に〈有機食品生産法〉が制定され,農薬や化学肥料などの合成化学物質を使用せずに生産され取り扱われた農産物で,過去3年間に合成化学物質を含め禁止物質を使用した耕地で生産された農産物ではないこと,といった厳しい規定がなされている。 日本では1992年に農林水産省が作成した〈有機農産物等に係る青果物等特別表示ガイドライン〉(1996年〈有機農産物及び特別栽培農産物の表示ガイドライン〉に改訂)で,3年以上化学合成の農薬,肥料を使用していない土壌で栽培された農産物を〈有機農産物〉としている(無農薬栽培農産物などの特別栽培農産物の定義は別に設けられている)。しかし,法的な規制ではないため,有機農産物の表示の基準は曖昧であったが,1999年国際食品規格(コーデックス)委員会が〈有機〉の国際規格を決めたものをうけて,農林水産省はJAS法を改正し,ガイドラインのうち〈有機農産物〉表示に限定して,第三者の認定機関から認証された農産物だけに表示ができる制度を設けた(2000年6月施行)。なお,有機飼料により生産された畜産物や,有機農畜産物を用いて無添加で生産された加工食品も含めて広くオーガニック食品ということもある。食品以外でも,有機栽培の木綿を用いて漂白剤やワックスなどを使わずに織られた布はオーガニックコットンと呼ばれ,アレルギーやアトピーに悩む人々に利用されるようになっている。→有機農業

引用 コトバンク

 

う~ん分かりづらい( ゚Д゚)

 

要は

オーガニック = 有機栽培(オーガニック農法)

ということです。

 

スポンサーリンク

ボタニカルとは

では、ボタニカルとはなんなのか?

 

ボタニカル(英語表記)botanical

翻訳|botanical

引用 コトバンク

 

…少なっ(笑)

 

ボタニカル=植物全般

ということです。

 

 

スポンサーリンク

結局どっちが上位?

結局のところ

 

『ボタニカル(植物全般)のなかで作り方や環境等の厳しい審査を通過して厳選して選ばれた植物系の製品を、オーガニックと分類している』

ということです。

 

ボタニカルよりもオーガニックの方が上位

です。

(なんで後からボタニカルが流行ったのか分かりませんが…)

 

ただ、市販のシャンプーにはオーガニック系シャンプーがあまり売られていません。

 

ほとんどがインターネットでの注文になる為、使用者の評価等を見ての購入にしかならないのが現状です。

 

なのでもし購入を考えている方であれば、『オーガニックシャンプーを扱っている美容室で自分に合った商品を選んでもらう』のが一番楽だと思います。

 

いつも行っているサロンで買うのであれば安心感もあると思いますので。

 

また、何故そんなに植物系のシャンプーを推すのかと言えば、ホントに髪の変化が半端ない!からです。

 

こればかりは体験してもらわないと実感できないと思いますが、ちゃんとした良い物を使えば、ハリ・コシ・ツヤが段違い』に変わります。

 

 

栄養を与えるとともに髪の毛の表面のキューティクルをも保護してくれたりするので、洗い上がりから違いが分かります

 

 

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたか?

 

決して「オーガニックを絶対使った方がいい」と言ってるわけではありませんが、『ボタニカルの上位がオーガニック』なのは事実です。

 

オーガニック、ボタニカル共に美容師目線で見ても使用感などは市販のシャンプーとは比べ物にならず、明らかに違いが分かるので、髪が弱くなってきて気になっている方は是非一度試して頂ければと思います。

 

大悟店長でした(*^-^*)

 

関連記事↓

30代の髪の毛の悩み【抜け毛多い】を美容師が解決する

【美容師が教える】トリートメントとコンディショナーの違いはなにか?

美容師おすすめの髪の毛に良い【カスタマイズシャンプー】

美容液シャンプーLustique(ラスティーク)の効果を検証してみた

【美容師が選ぶ】自然の力でフケ・かゆみを消すシャンプー

【美容師が選ぶ】髪の毛に優しい時短トリートメントシャンプー

【成分解析】髪と頭皮を癒すオーガニックリセットシャンプー HANA

30代の髪の毛の悩み【髪の毛細い】を美容師が解決する

【くせ毛の方へ】美容師が教えるくせ毛に合うシャンプー

【ダメージ用シャンプー】美容師が選ぶカラーで傷んだ髪に使うシャンプーはこれ

【つむじハゲ】美容師が教える原因と対策にはまずシャンプーから

コメント

タイトルとURLをコピーしました