某有名カツラメーカーの元社員がお金をかけない薄毛対策を語る

スポンサーリンク
スポンサーリンク
美容師が語る

お疲れ様です、大悟店長です。

 

髪の毛の悩み、傷みやクセ等色々とありますが一番悩んでいる方が圧倒的に多いことと言えば、『薄毛』ですね。

  • 若い頃と比べて明らかに毛が細くなってきた
  • 頭皮が見える
  • 分け目が禿げてる

美容師をやっていてそういった悩みのあるお客様はかなりの数見てきました。

 

また、実は僕は以前某有名カツラメーカーで働いていた事があり、その時に薄毛対策についてかなり学んでいたので、その辺りの経験を活かして出来るだけ分かりやすく『原因』と『対策』についてお教えしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

薄毛の原因は3つしかない

まず原因についてですね。

  • 精神的要因
  • 遺伝的要因
  • 加齢

この3つです。

 

精神的要因=ストレス

遺伝的要因=親類に薄毛の人がいないか?

加齢=肉体的な衰え

ということです。

 

Q、この中で対策によって解消することの出来る要因があります。

さて、それはどれでしょう?

正解は…

 

 

 

A、全部

です。

「親がハゲだから自分もなにやってもハゲる」「年だからなにしても無理」なんて思ってる方が実際お客様の中でも相当数おられます。

でも『なにしても』って言うほど何かしてる人っていないものです。

 

スポンサーリンク

対策

対策と言ってもやろうと思えば色々なことが出来ます。

  • かつらを作る
  • 育毛剤を使う
  • 治療薬を飲む

どれもしっかりやれば効果が出るものですが、当然お金がかかります。

 

逆に言えばお金さえかければ薄毛は治るということですが、そこは出来れば抑えたいというのが心理ですよね。

では特別なコストがかからずに出来る対策はなにか?というと

 

食生活

髪の毛の主原料はたんぱく質です。

そのたんぱく質は18種類のアミノ酸の集合体です。

この辺は語ると長くなるので割愛しますが、要は主原料となるたんぱく質を多く含む食べ物が髪の毛には良いとされています。

具体的には…

  • フィレ肉
  • 青魚
  • 納豆

等です。

(なんでワカメとか海藻類って思う方が多いかは分かりませんが…)

 

睡眠

寝不足はお肌の天敵と言われているように、髪の毛にも天敵です。

お肌や体調に影響のありそうなことは、当然髪の毛にも影響があります。

 

ゴールデンタイム

一般的には7時間~8時間の睡眠が身体には良いとされていますが、その中にも『この時間には寝てた方が良い』と言われている時間帯があります。

それが『ゴールデンタイム』であり、

PM10:00~AM2:00

の時間帯です。

この時間帯は成長ホルモンの分泌が活発になり、髪の毛を成長させやすくなります。

 

まとめ

薄毛の対策に関しては他にも

  • ストレスを溜めない
  • タバコや飲酒

等ありますが、現代社会で生きる上でそんなん無理(^_^;)というのが現実だと思うので敢えてはずしました。

また今回は出来るだけお金をかけないという事に特化して書いているので、育毛剤を使ったりしての効果と比べればやっぱり効果は薄いです。

 

「最近髪の毛に元気がなくなってきたな~(-_-)」という方はいきなりお金をかけてする対策というのにも抵抗があると思うので、そんな方はまずこういった生活習慣の見直しを考えてみて頂けたらと思います。

 

大悟店長でした(^^ゞ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました