美容師が語る

薄い頭皮を気にしている人に某有名カツラメーカーの元社員が語る

投稿日:

お疲れ様です、大悟店長です。

 

前回は薄毛の悩みについて、すぐに実践できることを僕の経験から書かせていただきました。

某有名カツラメーカーの元社員がお金をかけない薄毛対策を語る

 

でも、もっと本格的に育毛に力を入れたいと思っている方はいざ始めようと思っても

「どんな育毛剤がいいのか?」「育毛系の商品ってどんなものがあるんだ?」

 

となってしまうと思うので、今回はその辺りを具体的な商材をとりあげてお伝えしていきます。

 

育毛剤の種類

まず育毛系商品と一言で言っても大きく分けて3種類あります。

  • 育毛剤(一般的な頭皮に直に塗布するタイプ)
  • 育毛シャンプー
  • タブレット

この3つです。

それぞれ価格には幅があり使い方にもかなり違いがあるので、あなたの生活習慣等やお財布状況と相談して決めた方が良いと思います。

 

育毛剤

一般的な頭皮に直に塗布するタイプのものです。

・使い方

毎日朝、夜の一日2回頭皮に塗布する。

頭頂部を中心に約10~20プッシュし、少しもみこむ。

 

使い方だけ聞くと割と簡単そうに思うのですが、『つけ忘れ』が起こりやすいのがこのタイプです。

最初のうちは結構はりきって一生懸命つけるものの、ものによって効果が実感できるようになるまで3~6か月というスパンがあるので、

「いまいち効果が分からない」「ホントに効いてんのかこれ?」と思いがちです。

それもほとんどの商品は約1か月分しか内容量が入ってなく、最初の1~3か月は「効いてるのか分からないけど使い切っちゃったから新しいの買わなきゃ…」という状態になります。

 

そこを乗り越えて使い続けていけば、だんだんと効果が実感できるようになります。

 

・代表的な育毛剤

【第1類医薬品】リアップX5プラスローション(60mL)

 

フィンジア 50ml スカルプエッセンス配合

 

育毛シャンプー

普段のシャンプーを変えていつも通りにシャンプーするだけなので非常に効率的です。

上記の育毛剤と違って毎日シャンプーする習慣さえあれば『つけ忘れ』ということは防げますし、育毛剤は髪の毛へ作用する有効成分を多く配合しているものが多いのですが、最近出ている育毛シャンプーの中には『炭酸』を配合しているものもあり、炭酸による血行促進を促す効果も期待できます。

 

炭酸について少し触れると、昔から美容業界では『炭酸スパ』『炭酸パーマ』等があり、洗顔フォーム等でも炭酸を売りにしているメーカーさんもあります。

効果として『血行促進』『美肌効果』また、飲料水として考えた場合には『ダイエット効果』等もあります。

 

1、炭酸が表皮内に入ることで酸素欠乏が起こり、身体がそれを回復させようとして血行が促進される

2、炭酸が肌表面に残る老廃物などをタンパク質に付着して除去してくれる

要はざっくり言うと、身体に害にはならないけどある程度の負荷をかけて自己治癒力を活性化させるようなイメージです。

 

・代表的な育毛シャンプー

SIMFORT(シムフォート)

SIMFORT シムフォート

【炭酸シャンプー】スカルプD

 

育毛タブレット

いわゆる錠剤タイプの飲み薬です。

育毛剤や育毛シャンプーとは違い、『身体の中から育毛を促進させよう』という考え方ですね。

飲み薬なので上記の2つと比べればかなり抵抗がある方もいるのではないかと思います。

でもこの育毛タブレットは基本的に医師の処方が必要なものになりますので、逆に言えばお医者さんの判断なんだから大丈夫では?という安心感もあるかもしれませんね。

 

ただ、これはAGA治療といった治療薬に属するものになりますので、上記2つと比べればかなり高価なものにはなります。

また、海外製のタブレットを通販で輸入するという方法もありますが、いざ買ってみたら表記も当然日本語じゃなかったからなんて書いてあるか分からない…(飲み方が分からない)ということにもなりかねないので、そこは自己責任でお願いします。

 

・代表的な育毛タブレット

ミノキシジルタブレット

プロペシア

 

まとめ

育毛系と聞くと、多くの方が「どうせ効かない」というスタンスで言うならダメ元で考えているように感じますが、決してそんなことはありません。

今回ご紹介した方法も髪の毛や頭皮の性質上、効果が実感出来るまでにはある程度の時間はどうしてもかかり、個人差もあります。

 

そこを乗り越えて継続していくことが育毛、発毛という分野ではなにより大事なことになりますので、諦めずにご自分に合った方法を考えて頂ければと思います。

 

また、今回ご紹介したなかには薬液に属するものもありますので、人によっては副作用が起こる可能性もあります。

どの方法を選ぶにしても使用上の注意をよく読み、ご自身の体質にあったものを使うようにしてください。

 

 

大悟店長でした(^^)/

 

 

 

 

-美容師が語る

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【現役美容師】が美容液シャンプーLustique(ラスティーク)を考察

お疲れ様です、大悟店長です。   美容師をやっているとお客様から「どんなシャンプーを使えば良いの?」みたいな話をよく聞かれます。 人それぞれ髪質が違うので、そんな時はそのお客様の髪質に合った …

コラーゲン さえ使えば角質はごっそり落ちるのか?

お疲れ様です、大悟店長です。   美容に関心の高い方ではなくても、『コラーゲン』という言葉は今や色々なところで使われていると思います。 鍋にもコラーゲンを入れたりしますからね。 先にタイトル …

美容院が苦手な人【必見】美容師が教える髪を切る時になんて言えばいいか?

どうもこんにちは。大悟店長です。   髪を切る時になんて言うのが正解か? 美容院が苦手な方、多いですよね。 美容師側からするとそんなに気張らなくても…と感じる事も多々ありますf(^_^; & …

パウダーカラー白無を考察

お疲れ様です、大悟店長です。   カラー剤に関しての記事は以前に書きましたが、今回は少し変わった『白髪隠し』の商品を見つけましたので、内容をご紹介したいと思います。 ↓以前の記事はこちら↓ …

美容師が選ぶ最強ハンドクリームはこれ

お疲れ様です、大悟店長です。   冬場の乾燥対策として欠かせないのが『手荒れ』ですよね。 美容師は手荒れとの戦いといっても過言ではないほど、手が荒れる職種です。 毎日のシャンプーや水仕事など …