美容液シャンプーLustique(ラスティーク)の効果を検証してみた

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シャンプー、トリートメント関連

お疲れ様です、大悟店長です。

 

普段使うシャンプーやトリートメント。

あなたはどんな基準で選んでいますか?

 

  • 値段
  • 内容成分
  • いつも使っているものだから

 

など、いろいろな判断基準があると思います。

 

「美容師がすすめるサロンのシャンプーって本当にいいの…?」

 

とか

 

「市販のシャンプーとインターネットとかに売ってるシャンプーとの違いが分からない…」

 

とか、市販のシャンプーよりも値段が高い分、買うのに躊躇してしまう方も多いですよね。

 

結論から言うと、市販の物よりもインターネットやサロンで売られている物の方が圧倒的に良いものが多いです。

 

 

じゃあ実際になにがどう違うのか?と、いうことを踏まえて、今回は美容液シャンプーという魅力的なフレーズのシャンプーをご紹介していきます。
定期購入/シャンプー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

市販のシャンプーとの違いは界面活性剤の違い

『界面活性剤』って、美容師にはかなり馴染みのある言葉なんですが、一般の方にはあまり聞き覚えのない言葉かもしれません。

 

かいめんかっせいざい【界面活性剤 surface active agent】

気体,液体,固体の界面に存在して,その界面エネルギーを大きく変化させ,その結果,界面の物性に大きな変化をもたらす物質の総称。一般に濃度の低い溶液では溶質は単分子の状態で溶解するが,濃度が大きくなると,溶質分子は会合した状態となって存在することがある。高級脂肪酸セッケンの場合は,たとえばメチルアルコール,酢酸などと異なり,水に単分子的に溶解する量はきわめて少なく,ある溶存量以上ではミセルとよばれる分子が会合した状態をつくり,それとともに水溶液の表面に吸着,配位して溶液層よりも高濃度の吸着層を形成する。
引用 コトバンク

 

…分かりづらい(;一_一)

 

かなり簡単に説明すると、水と油のように通常は混ざり合わないもの同士を混ぜ合わせる物質が『界面活性剤』ということになり、これがシャンプーやトリートメントには多く入っています。

 

 

この界面活性剤には色々な種類があり、

その種類によって効果が違くなり、

それぞれの価格も変わるので、

シャンプーやトリートメントの値段も変わってくる。

 

ということになるんですね。

 

スポンサーリンク

界面活性剤の種類

界面活性剤の種類としては4種類に分類することができます。

  • アニオン界面活性剤
  • カチオン界面活性剤
  • 両性界面活性剤
  • 非イオン(ノニオン)界面活性剤

の4つです。

 

その中で主にシャンプーやトリートメントに使われる界面活性剤の種類として、二つに分かれます。

  • アニオン界面活性剤
  • カチオン界面活性剤

の2つです。

 

このうち、

アニオン界面活性剤=シャンプー

カチオン界面活性剤=トリートメント

 

となり、さらにそのなかでも細かく分類され、その種類によって特徴が変わります。

以下は『アニオン界面活性剤』が使われているシャンプーの分類です。

 

 

アニオン界面活性剤分類表示名称の例洗浄力泡立ち刺激の少なさ特徴
高級アルコール系ラウリル硫酸Naラウレス硫酸Na×安価な為、市販シャンプーによく使われる
アミノ酸系ココイルグルタミン酸TEAラウロイルメチルアラニンNa

ラウロイルサルコシンNa

ココイルメチルタウリンNa

△~〇△~〇サロン専売品に多く使われる
PPT系ココイル加水分解ケラチンKココイル加水分解コラーゲンNa

ラウロイル加水分解シルクNa

△~〇△~〇タンパク質由来刺激が少なく高価
石鹸系(アルカリ、酸性)

 

(アルカリ)ヤシ油脂肪酸K×PH値が高く頭皮が刺激を受けやすい
(酸性)ラウレス-3酢酸Na

ラウレス-4カルボン酸Na

適度な洗浄力と泡立ち環境への負担が少ない
a-オレフィン系オレフィン(C14~16)スルホン酸Na洗浄力と泡立ちはあるが頭皮への負担もややある
スルホコハク酸系スルホコハク酸(C12~C14)パレス-2Na頭皮などへの刺激がややある
アミドエーテル硫酸系PEG-3ヤシ油脂肪酸アミドMEA硫酸Na適度な泡立ちと洗浄力があり、高級アルコール系よりは負担が少ない
両性界面活性剤ベタイン系コカミドプロピルベタインココアンホ酢酸Na洗浄力があり目に対する刺激も少なく、ベビーシャンプー等に使われる

 

と、このように色々と細かく分類され、その使うものによって効果や価格も変わってくるということになるんですね。

(ホントはもっといっぱいあるけど書ききれないし頭痛くなりそうなんで(^-^;)

 

スポンサーリンク

美容液シャンプーLustique(ラスティーク)とは

先行販売するもあまりの人気に12時間で完売した驚異のシャンプーです

(@ ̄□ ̄@;)!!

定期購入/シャンプー

商品概要

  • 濃密コラーゲン×アミノ酸
  • 新開発 『デュアルリペア』採用
  • 美容成分&天然100%由来オイルを贅沢配合
  • 髪に優しい5Free

商品特徴

  • インスタ、Twitterでも話題。美容雑誌やファッション誌でも取り上げられた即完売の美容液シャンプー
  • 栄養を与えながら洗い上げ、髪の芯も表面も徹底補修
  • 理想的な「水分×油分」でしなやかな美しいツヤ髪に

配合成分

水、ココイル加水分解コラーゲンKコカミドプロピルベタイン、コカミドDEA、ココイルメチルアラニンNa、ココイルグルタミン酸2Na、デシルグルコシド、グリセリン、ソルビトール、アルガニアスピノサ核油、ツバキ種子油、加水分解コラーゲン、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、白金、ヒアルロン酸Na、プラセンタエキス、フラーレン、レスベラトロール、ブドウ葉/皮/種子エキス、セラミドEOP、セラミドNP、セラミドAP、コレステロール、加水分解コンキオリン、ポリオクタニウム-51、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、カンゾウ根エキス、トレハロースヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、クエン酸、フィトスフィンゴシン、キサンタンガム、カルボマー、BG、マルトシルシクロデキストリン、シクロデキストリン、マルトース、コカミドMEA、ココイルアルギニンエチルPCA、ラウロイルラクチレートNa、PVP、ポリオクタニウム-10、ペンテト酸5Na、炭酸水素Na、エタノール、メチルパラベン、フェノキシエタノール、香料

 

ココイル加水分解コラーゲンKとココイルメチルアラニンNaに注目

ココイル加水分解コラーゲンKとは、PPT系に属するタンパク質由来の界面活性剤で、とても高価なものです。

同じくココイルメチルアラニンNaもとても高価なアミノ酸系に属する界面活性剤で、それぞれ肌への刺激がとても少なく、且つ、パーマやカラーの持続性に効果があるとして期待できる成分となっています。

 

コカミドプロピルベタインに注目

コカミドプロピルベタインとは、ベタイン系に属する両性界面活性剤です。

主にベビーシャンプーなどに使われることが多く、目に対する刺激も少ない優しい成分となっています。

今だけお得

  • 初回限定50%OFF 3,800円→1,900円
  • 2回目28%OFF

 

内容成分を見てみると、『コラーゲン』『ヒアルロン酸』『リピジュア』『セラミド』『プラセンタ』『真珠エキス』『アルガンオイル』『椿オイル』等

 

髪の為に良いと言われる成分も多く入っています。

定期購入/シャンプー

また、新開発の【デュアルリペア】で髪の内部にたっぷりと栄養を与え、それをしっかりとキューティクルで守り、美容液成分を髪から逃がさないようにしています。

 

これだけでもかなり効果の高いシャンプーであると言えますが、もう一つこのシャンプーが良いと思った理由のなかで気になった成分が【フラーレン】です。

 

一押し成分フラーレン

美容液等に使われる高級成分。抗酸化作用に優れており、毛髪の状態を活性化させ、生き生きとしたしなやかな髪へと導きます。

スポンサーリンク

注目成分フラーレンのオシャレな基礎知識

1985年に発見されたフラーレンは、ダイヤモンドと同じく炭素から構成される物質です。炭素の分子が60個連なり、サッカーボール状の構造をしています。

別名は、バックミンスター・フラーレン。構造が似ているドーム建築物のデザイナー、バックミンスター・フラー氏の名前に由来しています。なんだかカッコいいですよね。

フラーレンを発見した功績を評価され、1996年には発見者のクロトー博士らがノーベル化学賞を受賞し、注目を集めています。

実はこのフラーレン、太古の昔から自然界には存在したとも言われています。

フラーレンは、世界的に有名な某キャラクターが住む谷のモデルとして有名なフィンランドの国境近くにある、ロシアのカレリア共和国から採取される、「シュンカイト」という石の中から発見されています。

シュンカイトは、古くからヒーリングストーンとして親しまれており、16世紀には、当時の皇帝がその地域に保養所を設け、そこで治療をすると病の直りが早いという伝説も残っています。
スポンサーリンク

抗酸化力はビタミンCの172倍!突出したアンチエイジング効果

それでは、フラーレンの優れた効果効能について紹介します。

優れた抗酸化作用を持つフラーレンは、アンチエイジングに最適の成分。なんと、抗酸化力はビタミンCの172倍といわれています。

お肌のシミやしわ・くすみを引き起こしてしまう原因の活性酸素を吸着・除去し、無害化する働きがあるので、抗酸化力はトップクラス。次のような効果の期待ができます。

  • 優れた抗酸化作用によって、くすみやシワなどの肌老化の防止
  • 肌ストレスを回復し、肌本来のバリア機能を回復させる
  • メラニンによる色素沈着を防ぐ
  • 余分な活性酸素の除去をし、肌のターンオーバーを活性化させる
  • 脂肪のセルライトを抑制する
  • コラーゲンの増加促進でお肌のハリをアップさせる

ほかのアンチエイジング成分との違い

アンチエイジングに効果のある成分と言えば、

  • ビタミンC
  • アスタキサンチン
  • コエンザイムQ10

などが挙げられますが、これらは成分自身が身代わりに酸化して、私たちの肌を守ってくれているんです。

対してフラーレンは、活性酸素を吸着・除去し、掃除機のようにお肌の活性酸素を掃除してくれる働きがあるんです。紫外線やストレスで破壊されがちなほかの抗酸化成分と違い、持続性にも優れ、効果が長持ちすることも優れた特徴のひとつです。

強力な抗酸化力と持続性をもったフラーレン、その成分が配合された化粧品は下記の人に特におすすめです。

  • しみ・しわ・くすみなどの肌の老化が気になる人
  • 肌のハリをアップさせたい
  • 早目のアンチエイジングを始めたい
  • 肌の調子がゆらぎがちな人

引用 女性の美学

世界的に有名なカバ…いやキャラクターのモデルになったというのはなんともおしゃれですね。

 

実はこの【フラーレン】は高価な育毛剤にも使われている成分で、『若返りのエキス』『奇跡の薬』とも呼ばれています。

実際に以前働いていたサロンでもこの【フラーレン】が入った育毛剤を扱っていたのですが、効果はやっぱりすごかったですね。

 

 

ホントに生えてました(^^♪

 

ただ値段もすごかったですけど…(髪は大事にしようって本気で思いました(-_-;))

 

スポンサーリンク

まとめ

美容液シャンプーっていうキャッチフレーズがまずすごいな(゚д゚)!

と思ったのと、内容成分を見てまたすごいな(゚д゚)!と思ったののWでの驚きでした(笑)

 

Amazonとかでも販売はしているようですが、公式サイトの方がお得なようなので、興味のある方は一度試してみてはいかがでしょうか。

定期購入/シャンプー

 

おすすめ記事↓

【美容師が選ぶ】髪の毛に優しい時短トリートメントシャンプー

【美容師が選ぶ】髪の毛に優しい時短トリートメントシャンプー

美容師おすすめの髪の毛に良い【カスタマイズシャンプー】

【紫外線対策】日焼け止めはSPF50を使ってれば良いのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました