美容師の仕事

美容師 初任給

投稿日:

  • お疲れ様です、大悟店長です。

 

美容師を目指している学生の方って未だに結構いるんですよね。

僕は自分でこの仕事にプライドをもってやっているし、そういった学生の方にもどうせやるならしっかり一人前の美容師になってほしいと応援したいと思っています。

ただ、この美容業界というものをなんの覚悟も下調べもないまま入ってしまい、『美容師になってしまった』子がどんどん辞めていくのもこの業界の特徴とも言えます。

詳しくは美容師が教えるホントのところ 実情~離職率~給料書いています。

 

今回は、いざ美容師になったとき、『初任給』はいくらもらえるものなのか?というところを掘り下げてみたいと思います。

 

手取りでもらえる初任給は13万~14万

これは『手取り』の金額です。

額面上では大体17万~18万が多いようですね。額面上もらったお給料から税金などをもろもろ引かれて残った手取りがこのぐらいです。

ちなみにこれは高校出てすぐに社会人になった人の平均とほぼ同じぐらい。

大卒出で社会人になった人の平均は約20万7千円だそうです。この結果を見てどう思うかは人それぞれですが、僕は「うわっ…少なっ…」と思いました(笑)

 

インセンティブ(歩合)という罠

美容の専門学生で就職活動をしている人とかであればこの『インセンティブ』という単語を見たことがある人もいるのではないでしょうか。要は歩合のことです。

この歩合には『技術手当』や『販売手当』といった名前でお給料に上乗せする形で入ってきます。サロン説明会等に行くと、「うちはお客様が多いからすぐインセンティブが入るよ」とかって甘い言葉で学生を惑わしてくる悪い大人がいます(笑)

確かに嘘をついている訳でもなく、お客様が多いのであれば新卒だろうとチャンスはあるとも思いますが、それはある程度のキャリアを積んでからの話です。

少なくとも初任給にインセンティブが入るということはまずないです。

なぜなら就職してすぐに出来る仕事は掃除や片付けだから。誰が掃除や片付けにインセンティブを支払いますか?その辺りの手当はある程度の技術を覚えてからのお楽しみにとっておいて、最初のうちは計算には入れないようにしましょう。

 

ボーナスがあるところは少ない

初任給はそんなものでも、社会人になったら皆がもらえているようなイメージのものの1つがボーナスですね。

これは美容師で支払っているような会社は少ないです。あるとしても寸志ですね。いわゆる『心づけ』程度の物なので、一般的な『ボーナス』には遠く及ばないようなレベルの金額だと思ってください。

誰もが知っているような美容系の大企業にもなれば話は別ですが(そういうところはコンプライアンスとかにもうるさいので)、普通のサロンや有名サロンとかでも『ボーナス』という名目で渡しているようなところはまずないと思います。

 

福利厚生は要確認

最近は結構充実したサロンも増えてきているようですが、それでも一般的な企業と比べればあまり充実してはいないですね。

まず社会保険はありません。もし、あなたが社会保険完備の美容室に入社出来たのであれば、それは非常に稀なことです。でもこういった言うなら企業側の恩恵みたいなものって、実際社会人になってからじゃないと実感できないものなんですよね。

僕も最初の8年間ぐらいは新卒からずっと同じサロンで働いていて、その後入った誰もが知る某有名カツラメーカーで福利厚生の充実さにビックリしたものです。

新卒とかの若いうちはまだそこまで考えなくてもいいかもしれませんが、結婚や出産などで転職を考える際はその辺りもしっかり考慮した方がいいかもしれません。

 

最初の数ヵ月は研修期間

働くサロンによっては、『入社から3か月間は研修期間』というようないわゆる『試用期間』があったりもします。

ここは本当に要注意です。

これは研修期間と銘打って安く働かせているだけです。

 

「研修期間まで設けてくれるなんて良心的だな(#^^#)」じゃないんです!

言わせてもらえれば「3か月で一人前になれるわけねーだろ!」ってことなんです!

たとえアシスタントレベルであったとしても、3か月やそこらで『一人前のアシスタントです!』っていうぐらいにはならないはずなんです!(日本語がちょっとおかしいですが((^-^;))

要は…

サロン 「最初は不安もあるだろうしお店に慣れる為にもうちのサロンはしっかり研修期間をつくっているんだよ(*^-^*)」

学生 「そうなんですね!色々教えてもらえるなんて安心です(^^♪」

サロン 「でしょ~(*^-^*)大体3か月ぐらいでしっかりお店のやり方とかに慣れてもらえればいいからね(*^-^*)」

学生 「分かりました!頑張ります(^^♪」

サロン 「よろしくね~(*^-^*)まあその間は研修期間ってことになるから少しお給料下がっちゃうんだけど…」

学生 「せっかく研修してもらえるならそんなの大丈夫です!よろしくお願いします!」

サロン 「オッケー☆⌒d(´∀`)ノ…( ̄ー ̄)ニヤリ」

 

みたいなね。

流れとしてはおかしくないかなとも思います…でもね…これって…

 

研修っていう名目じゃなくても大体どこのサロンでもしてくれることなんです。どんな人数のいない個人店であっても新卒を雇ったのであればそのサロンは「この子をしっかり育ててあげよう」という意気込みで雇っている訳ですから、当然教育には力を入れようとしてくれます。

 

それも、わざわざ研修期間なんて銘打つこともなく、普通にお給料を払ってくれて、なおかつ教えてくれます。

これは結構普通なことです。

なので、わざわざ研修期間なんて名目でそれを記載しているサロンは特に注意が必要でしょうね。

 

まとめ

美容師という職業は一般的にも給料が低いというのは結構認知されていることのようです。

厚生労働省発表の美容師の平均年収は280万円程度ということらしく、国家資格をもっている職業と考えればたしかに低いですよね。ちなみに僕の初任給は約17万円でした(手取りで)。新卒にしては割ともらえていた方だと思いますが、その使い道は…借金の返済です(笑)(生活きつかったんすよ(-_-;))

今となったらもっと親に孝行してあげた方がよかったかな~とも思いますので、これから初任給をもらう方等は少し考えてみてください。

でも!一番のご褒美はやっぱり自分にね!ちょっと贅沢して美味しいもの食べたり、良い財布買ったり、軽く旅行行ったり(^^♪

一生に一度しかない初任給なんで、僕のように夢の無い使い方をせずに、有意義な使い方をしてもらえればと思います。

 

それではまた!大悟店長でした(^^)/

 

 

 

-美容師の仕事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

美容師になろうと思ってる人? 美容師の職業病

お疲れ様です、大悟店長です。   今回もこれから美容師になろうと思ってる人に向けて、美容師のリアルな実情をお伝えしていきたいと思います。   以前の記事はこちら↓ 美容師が教えるホ …

美容師が教えるホントのところ 実情~離職率~給料

お疲れ様です、大悟店長です。   『美容系の仕事』ってなんかすごい華やかなイメージありますよね。 美、理容師 ネイリスト アイリスト エステティシャン メイクアップアーティスト スタイリスト …