【美容師が教える】トリートメントとコンディショナーの違いはなにか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シャンプー、トリートメント関連

お疲れ様です、大悟店長です。

 

 

  • トリートメント
  • コンディショナー
  • リンス

この違いはなにか?ということに関してちゃんと知ってる人って、意外と少ないよう

です。

 

「なんとなくトリートメントが良い気がする(^^♪」

 

という方もいれば、

 

「コンディショナー使ってるから大丈夫でしょ(*^-^*)」

 

みたいな方もいて。

今回は、このそれぞれの違いについて説明していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

リンス

リンスとは『すすぐ』という意味です。

 

まだ石鹸で髪の毛を洗っていた時代に、洗った後にガビガビな状態になっていた髪の毛を『すすぎやすくする為』にできたものがリンスと言われています。

 

実はこれは日本オリジナルのものです。すすぎやすくしているだけなので、効果としては髪の表面に油分をつけて指通りをよくしてくれます。髪の補修効果はありません

 

現在はコンディショナーやトリートメントが多く販売されるようになってきたので、製品自体の数量は少なくなってきています。

スポンサーリンク

コンディショナー

コンディショナーとは『髪の表面を整える』という意味です。

成分に多少の違いはありますが、リンスとコンディショナーはほぼ同じものです。

 

違いとしては、コンディショナーに補修成分が少量入っているということ。それ以外の成分はほぼ同じです。

 

個人的な考えですが、『リンス』と『コンディショナー』って比べた時にコンディショナーの方が響きがよくないですか?(笑)

 

リンスの数が減ってコンディショナーの方が多くなってきた背景って実はそんな理由なんじゃないかと思ってます。

 

  • 自然なフローラル系の香り
  • さっぱりとした仕上がり

 

  • サラサラ感が◎
  • 真珠、貝殻由来の保湿成分配合
  • 低刺激なので敏感肌の方でも安心

 

  • 洗い流さないトリートメントとしても使用できる
  • しなやかで扱いやすい艶やかな髪へ
  • シトラス系の爽やかな香り

 

スポンサーリンク

トリートメント

トリートメントとは『治す直すという意味』ではありません。

トリートメントというのは、あくまで補修効果(ケア)を狙って作られているものです。

 

大前提として、一度傷んだ髪はどれだけトリートメントをしたとしても元には戻せません

 

もとの状態に出来るだけ近づけさせる為に補修(ケア)するというのがトリートメントの役割となります。

また、トリートメントの種類として一般的に

  • トリートメント
  • トリートメントミルク(流さないトリートメント)
  • トリートメントオイル(流さないトリートメント)

 

等がありますが、今回の記事では通常の流すタイプのトリートメントのことを指しています。

その辺の洗い流さないトリートメントに関しては

【美容師が教える】一番楽な髪の毛の乾燥対策はこれ

という記事で詳しく書いていますのでよかったら見てみてください。

 

 

それとサロンでするトリートメントという施術もありますが、ホームケアでするトリートメントとは全くの別物です。

 

当然サロンでのトリートメントの方が効果は高いものになります。

 

  • フェザーケラチンの力で半端ないしっとり感
  • フルーティフローラルハーブの香り

 

スポンサーリンク

正しいのはトリートメント→コンディショナーの順番

トリートメントとコンディショナーを両方使っているという美意識の高い方もたまにおられます。

 

大変素晴らしいことだと思います。ただ、順番には注意してください

 

正しいのは

トリートメント → コンディショナー

です。

 

上記のそれぞれの違いから見ても分かるように、トリートメントで先に内部補修の成分を入れてから表面にふたをするようにコンディショナーで保護してあげないと効果が半減してしまい、もったいないです。

 

順番には気をつけましょう。

 

スポンサーリンク

でもトリートメントだけで大丈夫

ここまで色々と効果や違いを書きましたが、美容師目線から言わせてもらうと結局トリートメントだけやってれば大丈夫です。

 

わざわざコンディショナーとトリートメントの両方を使うぐらいなら、月1ででもサロンのトリートメントをするようにしていった方が効果的にも経済的にも良いと思いますし、

 

シャンプー→トリートメント→コンディショナーって毎日やるのなんて正直めんどくさい(笑)と思うので。

 

それをするぐらいならシャンプーの方にお金を回した方が良いとも思いますしね。

 

スポンサーリンク

まとめ

出来るだけ分かりやすく書いたつもりですがいかがでしたでしょうか?美容師をやっているとなんとなくドラッグストアとかで安く売ってたものを買っているという方もいたり、「その傷み具合でリンスじゃ無理だろ…」っていう方もいたりなので記事にしてみました。

 

単純に効果の高い順に並べてみると

  1. トリートメント
  2. コンディショナー
  3. リンス

という順番になります。

 

あとはご自身の髪質に合ったものを選べばいいのです。例えば脂性の人は油分の高いものは使わないとかですね。

それとリンス、コンディショナー、トリートメントとどれにも言えることですが、地肌につけるのはNGです。

 

スカルプトリートメントと呼ばれる頭皮用のトリートメントみたいな特殊なものは別ですが、トリートメント系は基本髪の中間部から毛先にかけてつけるものなので、頭皮につけたりすると毛穴つまりの原因になってしまいます。

 

つけ方にも多少気を使ってあげてくださいね。

 

大悟店長でした(^^)/

 

関連記事↓

30代の髪の毛の悩み【抜け毛多い】を美容師が解決する

【今さら聞けない】オーガニックとボタニカルどっちが良い?

美容師おすすめの髪の毛に良い【カスタマイズシャンプー】

美容液シャンプーLustique(ラスティーク)の効果を検証してみた

【美容師が選ぶ】自然の力でフケ・かゆみを消すシャンプー

【美容師が選ぶ】髪の毛に優しい時短トリートメントシャンプー

【成分解析】髪と頭皮を癒すオーガニックリセットシャンプー HANA

30代の髪の毛の悩み【髪の毛細い】を美容師が解決する

【くせ毛の方へ】美容師が教えるくせ毛に合うシャンプー

【ダメージ用シャンプー】美容師が選ぶカラーで傷んだ髪に使うシャンプーはこれ

【つむじハゲ】美容師が教える原因と対策にはまずシャンプーから

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました