スチームパンクでスマホケースを作ってみた




スポンサーリンク
美容以外あれこれ

お疲れ様です、大悟店長です。

 

今回も趣味の記事になってしまった…

(そろそろ本職の記事を書かなくては(^_^;))

 

でも好きなことだからまぁいいか

(*´ー`*)

 

まず『スチームパンク』ってやっぱり知ってる人は少ないのかな?

こんな感じ!

 

『蒸気と歯車で中二病満載なやつ』

がスチームパンクです(笑)

 

歯車はAmazonで売ってます。『スチームパンク 素材』とかで検索すると本物の腕時計で使ってた色んな種類の歯車がグラム単位で売ってるので、それを買って接着剤でくっつけてます。

 

塗装も『塗ると金属感のでるペンキ』が売ってるので、ベースを黒の重厚感が出るペンキで塗ってから歯車を付けて、錆び感を出してエイジング加工!

 

エイジング加工も『錆び感の出るペンキ』っていうのが売ってるので、より本物の錆びに近づけられるように『錆が出るであろうところ(角とか)』に塗ってます。

 

で、裏が

こんな感じ。

 

丸いのはグルーガンです。これも『金属感の出るペンキ』の金色(アンティークゴールド)を塗ってます。

 

開くと

こんな感じ。

 

…カッコいい~(●´ω`●)

完全に自己満です(笑)

 

友達からは「重そう~(-_-)」って言われたり、サロンのスタッフからは「触って大丈夫なやつですか?(((^_^;)」って若干引かれたりもしたけど、いいんです!

 

自分が好きなやつだからいいんです!!

でも家族には結構好評で。

 

特に小五の長男は好みがそっくりなので、自分のiPadのケースを同じように歯車つけて楽しんでる(笑)

 

親子だな~(*´ー`*)

 

と。

コメント