日焼けのケア方法【今さら聞けない】SPF50 PA++++さえ使ってればいいの?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
化粧品関連

お疲れ様です、大悟店長です。

 

紫外線の強くなる時期、必須アイテムと言えば、日焼け止めですね。

昔に比べて近年はスプレータイプやクリームタイプ、ジェルタイプ等かなり色んな種類のものが出てきています。

 

ちょっと種類が多過ぎてよく分からない状態ですね(笑)

 

美容師はインドアな仕事なので、外回りの職業の方とかと比べればあまり日焼けする様なことは少ないです。

 

ただ、インドアなだけに肌が弱く、たまの休みで外に出るとすぐ赤くなって痛くなったりします。

 

最近は男性でも結構使ってる方が多いので、楽に使えるものや個人的に好きなもの、そもそものSPFとかPAの意味について話していきたいと思います。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

基本知識

日焼け止めの商品をドラッグストア等で見るとき、必ず目にするのが

  • SPF
  • PA

という表記ですね。

 

「なんとなく高い方がいい気がする~(´・ω・`)?」

 

と、結構意味を知らずに選んでいる人も多いんじゃないでしょうか?

 

確かに値が高くて悪いということはないのですが、それぞれの意味合いについてまず話していきます。

 

SPFとは

【Sun・protect・factor】

の略です。

人間の肌というのは日光に約20分あたると日焼けすると言われています。

 

SPF40やSPF50と表記されている数字は、『日焼けする20分×数字分の分数日光から守ってくれる時間』を表しています。

 

例えば

SPF40=20分×40=800分(約13時間20分)

SPF50=20分×50=1000分(約16時間40分)

となり、SPF50+はそれ以上ということを指しています。

 

ちなみに、SPF50+が表記として最高の値ということになります。

 

PAとは

【Protection・grade・of・UVA】

の略です。

 

簡単に言うと紫外線(UVA)から肌を守ってくれるパワー指数を指しています。

 

放っておくとすぐにシミやシワを引き起こすUVA…美容の大敵ですね。

 

レベルで言うとPA+~PA++++までの4段階からなり、最高値がPA++++になります。

 

値が高いほどパワーが強いので例えば炎天下のなか長時間外で作業する時などはPA++++を使った方が効果的です。

 

が、パワーが強いということはお肌への負担も強くかかるということになるので、軽い外出であればPA+を使うといった使い分けが重要です。

 

スポンサーリンク

SPFが割と高めなスプレータイプ

「スプレータイプは効果が薄い」といった話をたまに聞きますが、決してそんなことはありません。

 

効果が薄いのであれば、それはちゃんと使えてないからです。

 

吹き掛ける仕様になっている分、クリームタイプ等に比べて「これちゃんと守られてんのか…?」と思いやすいスプレータイプ。

 

特に顔や首等の直接スプレーするのにはちょっと抵抗があり、でも一番保護したい箇所(←ココ重要)に『ちゃんと』付いていない場合、上記のような「これちゃんと守られてんのか…?」状態になります。

 

効果的な使い方としては、顔や首等を保護したい場合、『手のひらにスプレーしてから顔等に馴染ませる』方法が一番やりやすくオススメです。

 

メリット

  • 使用方法が楽
  • 髪の毛にも使える ←美容師としては重要

 

デメリット

  • 使用感が少ない
  • ガスタイプだと火気厳禁
  • 塗りムラになりやすい

 

  • PA++++
  • ロマンティック・ウッディ・ムスクの香り

 

  • PA++++
  • 無香料

 

スポンサーリンク

長年のファンも多いクリームタイプ

日焼け止めの中で一番種類が豊富なクリームタイプ。

 

日焼け止めと言えば以前はほとんどがこのクリームタイプだったので、昔から同じものを使っているなんて方も多いのではないでしょうか?

 

メリット

  • 種類が豊富
  • 保湿性が高い
  • ウォータープルーフであれば防水性がある

 

デメリット

  • 白浮きしやすい
  • 落ちにくい分、クレンジング等が必要
  • ニキビ、肌荒れの原因となりやすい

 

  • PA++++
  • 敏感肌の方向け

 

  • SPF50+
  • PA++++
  • クリームタイプなのにサラサラな質感

 

スポンサーリンク

メイクとも相性の良いパウダータイプ

低刺激でメイクの上からでも使えるパウダータイプ。

 

汗をかく時期であれば女性の強い味方になりますね。

 

クリームタイプ等に比べると落ちやすいのが難点ですが、刺激が少ないというのは小さなお子様にも使えるということなので、そこは良い部分ですね。

 

メリット

  • メイク直しにも使える
  • 低刺激
  • 小さなお子様でも安心

 

デメリット

  • 落ちやすい
  • 保湿力が低い

 

  • SPF18
  • PA++
  • パフ付きなので手を汚さずにそのまま使える

 

  • PA++++
  • 『金のコラーゲンEX』配合 塗るだけでエイジングケア

 

スポンサーリンク

夏場に使いやすいジェルタイプ

サラッとした使い心地のジェルタイプ。

 

クリームタイプよりも緩めな分、シャンプー剤のようなポンプタイプのものがあるのも特徴的です。

 

ウォータープルーフの製品も多いので、夏に海やプールに行く時に最適ですね。

 

ただ、製品によってはあの特徴的なサラッとした延ばしやすさを出すためにアルコール成分を配合しているものもあります。

 

小さなお子様に使う場合には内容成分を確認し、アレルギー等の注意が必要です。

 

メリット

  • 延ばしやすい
  • 付け心地が軽い
  • ベタつかない

 

デメリット

  • アルコール成分配合のものだと刺激が強い
  • 保湿力が低い

 

  • PA+++
  • アルコールフリー
  • PM2.5からも保護してくれる

 

  • SPF50
  • PA+++
  • アルコールフリー
  • 浸透型ヒアルロン酸配合

 

スポンサーリンク

普段使いにちょうど良いローションタイプ

化粧水のような使い心地で肌に馴染みやすいのが特徴的なローションタイプ。

 

石鹸やボディソープなどで落としやすい商品も多いので、一番使いやすいタイプですね。

 

パウダータイプと同じく低刺激なものが多いので、小さなお子様にも安心して使えます。

 

メリット

  • サラッとした軽めな使い心地
  • 白浮きしづらい
  • 美容成分配合のものもある

 

デメリット

  • 落ちやすい
  • 全体的に効果は低め(SPF値、PA値が低いものが多い)

 

  • PA+++
  • 低刺激なので赤ちゃんにも安心

 

  • SPF15
  • PA++
  • 虫よけとしても使える
スポンサーリンク

保湿効果が高いミルク・乳液タイプ

乾燥肌の方にも使いやすく肌に馴染みやすい乳液タイプ。

 

下地効果の高いものも多いので、メイクとの相性も良いですね。

 

メリット

  • 保湿効果が高い
  • 延ばしやすい
  • 落ちにくい

 

デメリット

  • クレンジングで落とすものもある
  • よく混ぜる必要がある
  • 高い油分によってニキビ、肌荒れを起こす可能性がある

 

  • SPF50
  • PA++++
  • 高SPF値でも肌に優しい 敏感肌の方向け

 

  • PA++++
  • 馴染みやすいミルクジェルタイプ

 

スポンサーリンク

まとめ

というわけで、今回は【日焼けケア】の代表格である日焼け止めについてお話してみました。

 

それぞれのメリット、デメリットをタイプ別に分けてみましたがいかがでしたか?

 

タイトルにあった『SPF50 PA++++さえ使っていればいいの?』に関して言えば答えはNoです。

 

その時々に応じた日焼け止めの種類と、使う方に合ったタイプのものを使うことが望ましいですね。

(お肌の弱い赤ちゃんとかは特に!!)

 

ちなみにインドアにつき、なかなかの肌の弱さを自負している僕が愛用しているのが

↑これです。

 

初めて使ったときは「ロマンティック・ウッディ・ムスクってどんな香りやねん(笑)」と思いましたが、ホントに良い香りでハマりました(*^_^*)

 

僕の場合は普段インドアなので強めなものと、楽に使えるようにとスプレータイプが合ったのかなと思います。

(もちろんちゃんと手に付けてから顔に馴染ませてます)

 

こんな感じで生活スタイルやご自分のお肌の状態に合った日焼け止めを是非、探してみてくださいね(^^♪

 

以上、大悟店長でした(*^_^*)

 

関連記事↓

30代女性におすすめする髪の毛のエイジングケア

プラセンタの効能と効果的な摂り方【豚、馬、羊、海洋性、植物性プラセンタ】

コラーゲンさえ使えば角質はごっそり落ちるのか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました