美容師おすすめの髪の毛に良い【カスタマイズシャンプー】




スポンサーリンク
シャンプー、トリートメント関連

お疲れ様です、大悟店長です。

 

普段使うシャンプーやトリートメント。

あなたはどんな基準で選んでいますか?

 

  • 値段
  • 内容成分
  • いつも使っているものだから

 

など、いろいろな判断基準があると思います。

 

「美容師がすすめるサロンのシャンプーって本当にいいの…?」

 

とか

 

「市販のシャンプーとインターネットとかに売ってるシャンプーとの違いが分からない…」

 

とか

 

「オーガニックとかボタニカルとかって結局なにが違うの?」

 

【今さら聞けない】オーガニックとボタニカルどっちが良い?

とか

 

市販のシャンプーよりも値段が高い分、買うのに躊躇してしまう方も多いですよね。

 

結論から言うと、市販の物よりもインターネットやサロンで売られている物の方が圧倒的に良いものが多いです。

 

 

じゃあ実際になにがどう違うのか?

について、お話していきます。

 

市販のシャンプーとの違いは界面活性剤の違い

『界面活性剤』って、美容師にはかなり馴染みのある言葉なんですが、一般の方にはあまり聞き覚えのない言葉かもしれません。

 

かいめんかっせいざい【界面活性剤 surface active agent】

気体,液体,固体の界面に存在して,その界面エネルギーを大きく変化させ,その結果,界面の物性に大きな変化をもたらす物質の総称。一般に濃度の低い溶液では溶質は単分子の状態で溶解するが,濃度が大きくなると,溶質分子は会合した状態となって存在することがある。高級脂肪酸セッケンの場合は,たとえばメチルアルコール,酢酸などと異なり,水に単分子的に溶解する量はきわめて少なく,ある溶存量以上ではミセルとよばれる分子が会合した状態をつくり,それとともに水溶液の表面に吸着,配位して溶液層よりも高濃度の吸着層を形成する。
引用 コトバンク

 

…分かりづらい(;一_一)

 

かなり簡単に説明すると、水と油のように通常は混ざり合わないもの同士を混ぜ合わせる物質が『界面活性剤』ということになり、これがシャンプーやトリートメントには多く入っています。

 

 

この界面活性剤には色々な種類があり、

その種類によって効果が違くなり、

それぞれの価格も変わるので、

シャンプーやトリートメントの値段も変わってくる。

 

ということになるんですね。

 

界面活性剤の種類

界面活性剤の種類としては4種類に分類することができます。

  • アニオン界面活性剤
  • カチオン界面活性剤
  • 両性界面活性剤
  • 非イオン(ノニオン)界面活性剤

の4つです。

 

その中で主にシャンプーやトリートメントに使われる界面活性剤の種類として、二つに分かれます。

  • アニオン界面活性剤
  • カチオン界面活性剤

の2つです。

 

このうち、

アニオン界面活性剤=シャンプー

カチオン界面活性剤=トリートメント

 

となり、さらにそのなかでも細かく分類され、その種類によって特徴が変わります。

以下は『アニオン界面活性剤』が使われているシャンプーの分類です。

 

 

アニオン界面活性剤 分類 表示名称の例 洗浄力 泡立ち 刺激の少なさ 特徴
高級アルコール系 ラウリル硫酸Naラウレス硫酸Na × 安価な為、市販シャンプーによく使われる
アミノ酸系 ココイルグルタミン酸TEAラウロイルメチルアラニンNa

ラウロイルサルコシンNa

ココイルメチルタウリンNa

△~〇 △~〇 サロン専売品に多く使われる
PPT系 ココイル加水分解ケラチンKココイル加水分解コラーゲンNa

ラウロイル加水分解シルクNa

△~〇 △~〇 タンパク質由来刺激が少なく高価
石鹸系(アルカリ、酸性)

 

(アルカリ)ヤシ油脂肪酸K × PH値が高く頭皮が刺激を受けやすい
(酸性)ラウレス-3酢酸Na

ラウレス-4カルボン酸Na

適度な洗浄力と泡立ち環境への負担が少ない
a-オレフィン系 オレフィン(C14~16)スルホン酸Na 洗浄力と泡立ちはあるが頭皮への負担もややある
スルホコハク酸系 スルホコハク酸(C12~C14)パレス-2Na 頭皮などへの刺激がややある
アミドエーテル硫酸系 PEG-3ヤシ油脂肪酸アミドMEA硫酸Na 適度な泡立ちと洗浄力があり、高級アルコール系よりは負担が少ない

 

と、このように色々と細かく分類され、その使うものによって効果や価格も変わってくるということになるんですね。

(ホントはもっといっぱいあるけど書ききれないし頭痛くなりそうなんで(^-^;)

 

カスタマイズシャンプーとは

と、ここまでシャンプーの基本的なお話をさせていただきました。

 

そんななかで、僕が注目したのが最近雑誌やメディアなどでも話題になっている『カスタマイズシャンプー』です。

MEDULLA

すべての人の為よりもあなた専用のシャンプーを。

というかなり心をつかまれるキャッチフレーズですね。

 

髪の毛の長さやクセなどの人それぞれ違う特徴を7つの質問として回答していくだけで、ご自分に合ったシャンプーをカスタマイズしてくれるというものです。

 

香りも5種類から選ぶことができ、

  • LIGHT(ホワイトムスク)
  • OCEAN(マリンベルガモット)
  • SUN(オレンジブロッサム)
  • HERB(ラベンダーローズマリー)
  • FLOWER(ピンクジャスミン)

の中から選ぶことができ、もし気分で変えたくなった時などはもう一度質問に答えるだけで簡単にカスタマイズすることができます。

 

 ラウリル硫酸Naフリー

なかでも僕が注目したのが、このラウリル硫酸Naフリーの表記です。

 

上記の表でも書いたように、市販のシャンプー剤に多く使われている高級アルコールに分類される界面活性剤が使われていません。

 

わざわざこういった表記をする商品もめずらしいので、相当内容には自信があるということがうかがえますね。

 

シャンプーの全成分

以下、記載されているシャンプーの全成分になります。

 

水、ラウロイルメチルアラニンTEA、ラウレス-5カルボン酸Na、ココアンホ酢酸Na、コカミドメチルMEA、ラウリルグルコシド、ジオレイン酸PEG-120メチルグルコース、ジステアリン酸グリコール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ポリクオタニウム-10、ローズマリー葉エキス、ローマカミツレ花エキス、アルニカ花エキス、オドリコソウ花/葉/茎エキス、オランダガラシ葉/茎エキス、ゴボウ根エキス、セイヨウキズタ葉/茎エキス、ニンニク根エキス、セイヨウアカマツ球果エキス、ラウレス硫酸Na、リン酸2Na、クエン酸、エチドロン酸、EDTA-2Na、BG、安息香酸Na、メチルイソチアゾリノン、香料、グリセリン、セテアラミドエチルジエトニウムサクシニル加水分解エンドウタンパク、ポリクオタニウム-7、プロパンジオール、クオタニウム-18、ベヘントリモニウムクロリド、γ-ドコサラクトン、ダイズステロール、(メタクリル酸グリセリルアミドエチル/メタクリル酸ステアリル)コポリマー、ココイルアルギニンエチルPCA、PG、ポリソルベート80(ビス(グリシドキシフェニル)プロパン/ビスアミノメチルノルボルナン)コポリマー、水酸化Al、赤104、赤230、黄204、青1、オレンジ果皮油、ラバンデュラハイブリダ油、ローズマリー葉油、バルマローザ油、ニオイテンジクアオイ油、ラベンダー油、紫401

 

 

こういった成分表というのは、最初の方から順に配合量の多い順に表記されています。

 

基本的にどんなシャンプーでも、最初は水が多いので、その次に来る成分がなにか?が重要になります。

 

この表を見ると、二番目にラウロイルメチルアラニンTEAとなっており、アミノ酸系の界面活性剤が使われているということがわかります。

 

これは肌への刺激が少ない髪の毛に優しいシャンプーということですね。

 

14日間返金保証

試しに使ってみたものの、「やっぱりなんか違う…(;一_一)」ということもありますよね。

 

このシャンプーはそんなときに優しい14日間返金保証付きです。

(うちのサロンではそんなこと出来ない(^-^;)

 

完全フルオーダーと言ってもいいぐらいのシャンプーで、返金保証がついているというのはすごい。

 

一度試してみたくなりますね。

 

まとめ

カスタマイズシャンプーというものは、欧米などではすでに一般的なことなんだそうです。

 

僕は美容師と言う職業柄、内容成分につい目が行ってしまい、「なるほどPPT系か」とか「アミノ酸系なのにこんな安いの?(゚д゚)!」っていう風に見てしまったりします。

(ちょっとした職業病かもしれない(^-^;)↓

美容師になろうと思ってる人? 美容師の職業病

 

このシャンプーもアミノ酸系のシャンプーでカスタマイズできると考えれば、かなり金額的には安めな設定なのではないかと思います。

 

是非一度、試してみてはいかがでしょうか(^^♪

MEDULLA

 

おすすめ記事↓

【美容師が教える】トリートメントとコンディショナーの違いはなにか?

30代女性におすすめする髪の毛のエイジングケア

【現役美容師】が美容液シャンプーLustique(ラスティーク)を考察

 

 

コメント