【美容師が選ぶ】髪の毛に優しい時短トリートメントシャンプー




スポンサーリンク
シャンプー、トリートメント関連

お疲れ様です、大悟店長です。

 

普段使うシャンプーやトリートメント。

あなたはどんな基準で選んでいますか?

 

  • 値段
  • 内容成分
  • いつも使っているものだから

 

など、いろいろな判断基準があると思います。

 

また、小さなお子様がいるお母さんはホントに忙しいですよね。

うちの子も小さいときはもう家の中めちゃくちゃで…(;一_一)

 

楽に早く手入れができるのがあれば…」というのは結構世のお母さん方は考えているのではないかと思います。

 

モイストスタイリングシャンプー B

市販のものにも『リンスインシャンプー』とかって似たようなものもあるんですが、それは僕は普段サロンに来店されるお客様にはすすめません。

 

 

「市販のシャンプーとインターネットとかに売ってるシャンプーとの違いが分からない…」

 

とか、市販のシャンプーよりも値段が高い分、買うのに躊躇してしまう方も多いですよね。

 

結論から言うと、市販の物よりもインターネットやサロンで売られている物の方が圧倒的に良いものが多いです。

 

 

じゃあ実際になにがどう違うのか?

について、お話していきます。

 

市販のシャンプーとの違いは界面活性剤の違い

『界面活性剤』って、美容師にはかなり馴染みのある言葉なんですが、一般の方にはあまり聞き覚えのない言葉かもしれません。

 

かいめんかっせいざい【界面活性剤 surface active agent】

気体,液体,固体の界面に存在して,その界面エネルギーを大きく変化させ,その結果,界面の物性に大きな変化をもたらす物質の総称。一般に濃度の低い溶液では溶質は単分子の状態で溶解するが,濃度が大きくなると,溶質分子は会合した状態となって存在することがある。高級脂肪酸セッケンの場合は,たとえばメチルアルコール,酢酸などと異なり,水に単分子的に溶解する量はきわめて少なく,ある溶存量以上ではミセルとよばれる分子が会合した状態をつくり,それとともに水溶液の表面に吸着,配位して溶液層よりも高濃度の吸着層を形成する。
引用 コトバンク

 

…分かりづらい(;一_一)

 

かなり簡単に説明すると、水と油のように通常は混ざり合わないもの同士を混ぜ合わせる物質が『界面活性剤』ということになり、これがシャンプーやトリートメントには多く入っています。

 

 

この界面活性剤には色々な種類があり、

その種類によって効果が違くなり、

それぞれの価格も変わるので、

シャンプーやトリートメントの値段も変わってくる。

 

ということになるんですね。

 

界面活性剤の種類

界面活性剤の種類としては4種類に分類することができます。

  • アニオン界面活性剤
  • カチオン界面活性剤
  • 両性界面活性剤
  • 非イオン(ノニオン)界面活性剤

の4つです。

 

その中で主にシャンプーやトリートメントに使われる界面活性剤の種類として、二つに分かれます。

  • アニオン界面活性剤
  • カチオン界面活性剤

の2つです。

 

このうち、

アニオン界面活性剤=シャンプー

カチオン界面活性剤=トリートメント

 

となり、さらにそのなかでも細かく分類され、その種類によって特徴が変わります。

以下は『アニオン界面活性剤』が使われているシャンプーの分類です。

 

 

アニオン界面活性剤 分類 表示名称の例 洗浄力 泡立ち 刺激の少なさ 特徴
高級アルコール系 ラウリル硫酸Naラウレス硫酸Na × 安価な為、市販シャンプーによく使われる
アミノ酸系 ココイルグルタミン酸TEAラウロイルメチルアラニンNa

ラウロイルサルコシンNa

ココイルメチルタウリンNa

△~〇 △~〇 サロン専売品に多く使われる
PPT系 ココイル加水分解ケラチンKココイル加水分解コラーゲンNa

ラウロイル加水分解シルクNa

△~〇 △~〇 タンパク質由来刺激が少なく高価
石鹸系(アルカリ、酸性)

 

(アルカリ)ヤシ油脂肪酸K × PH値が高く頭皮が刺激を受けやすい
(酸性)ラウレス-3酢酸Na

ラウレス-4カルボン酸Na

適度な洗浄力と泡立ち環境への負担が少ない
a-オレフィン系 オレフィン(C14~16)スルホン酸Na 洗浄力と泡立ちはあるが頭皮への負担もややある
スルホコハク酸系 スルホコハク酸(C12~C14)パレス-2Na 頭皮などへの刺激がややある
アミドエーテル硫酸系 PEG-3ヤシ油脂肪酸アミドMEA硫酸Na 適度な泡立ちと洗浄力があり、高級アルコール系よりは負担が少ない
両性界面活性剤 ベタイン系 コカミドプロピルベタインココアンホ酢酸Na 洗浄力があり目に対する刺激も少なく、ベビーシャンプー等に使われる

 

と、このように色々と細かく分類され、その使うものによって効果や価格も変わってくるということになるんですね。

(ホントはもっといっぱいあるけど書ききれないし頭痛くなりそうなんで(^-^;)

 

時短シャンプー 【シェリア・モイストスタイリングシャンプー】

モイストスタイリングシャンプー A

【3つのPOINT】
■ヘアケア製品国内初!独自原料「呼吸酵母(R)」配合■
呼吸する酵母に含まれる成分には髪にうれしい効果が!
洗うたび、髪と頭皮をすこやかに導きます。

■するんとまとまるうるツヤ髪■
フィルムコート成分としなやかケア成分配合で、髪のうねりを抑えつつ、
17種類のボタニカルエキス配合がうるおいとツヤを与えます。
毎朝手ぐしでさっとスタイリングがキマる髪へ導きます。

■親子でうれしい時短ケア 毎日のヘアケアをラクに!■
9つの無添加処方&天然由来成分へのこだわり。
お子さまと一緒に使えるので、バスタイムがスムーズに。

配合成分

水、グリセリン、ラウラミドプロピルベタインラウロイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、塩化Na、ウメ果実エキス、DPG、サッカロミセス培養溶解質液、アカヤジオウ根エキス、カギイバラノリエキス、サクラ葉エキス、ヨモギ葉エキス、オタネニンジン根エキス、シイクワシャー果実エキス、ビワ葉エキス、ボタンエキス、カミツレ花エキス、シソ葉エキス、ツバキ種子エキス、ドクダミエキス、アロエベラ葉エキス、チャ葉エキス、ヘチマエキス、ユズ果実エキス、ポリクオタニウム-10、グリオキシル酸、セテアラミドエチルジエトニウム加水分解コメタンパク、ココイルグルタミン酸TEA、ココイルメチルタウリンNa、ポリソルベート20、アプリコット核油ポリグリセリル-6エステルズ、BG、クエン酸、EDTA-2Na、安息香酸Na、フェノキシエタノール、カラメル、香料

 

ラウラミドプロピルベタインに注目

ラウラミドプロピルベタインとは、ベタイン系の両性界面活性剤の一種です。

 

洗浄力と泡立ちが良く、目に対する刺激も少ないので、ベビーシャンプーによく使われています。

ママとお子様が一緒に使えるシャンプーというのは楽でいいですね(^^♪

 

ラウロイルメチルアラニンNaに注目

ラウロイルメチルアラニンNaとは、サロン専売品によく使われているアミノ酸系界面活性剤の一種です。

 

泡立ちや洗浄力はいまいちな感があるものの、頭皮への刺激はほとんどなく、敏感肌の方にもおすすめの成分です。

 

この『アミノ酸系シャンプー』は最近よく聞くようになりましたが、サロンで売られているシャンプー類とかには多い系統のもので、かなり高価なものが多いのが特徴です。

 

うちのサロンでもこの系統のシャンプーの扱いはありますが、価格は倍近くしますね(;^ω^)

 

保湿成分がすごい

このシャンプーには17種のボタニカル成分が入っています。

 

 

すべてが保湿成分というのはすごいですね。

 

この保湿効果と、グリセリンが配合されていることによってトリートメントがいらずシャンプーだけですむという時短が可能になったわけですね。

 

まとめ

本来僕は『リンスインシャンプー』に属する系のものは否定派です。

 

ただ、それ以上にがんばるお母さんの味方です(*^_^*)

お子様のお世話の大変さはよく分かりますし、髪の毛のケアもちゃんとしたいですよね。

 

少しでも時短ができて、ママの時間が少しでもとれるようなら、こういった種類のシャンプーも全然ありだと僕は思いますし、内容成分的にも価格的にも、かなりお得なシャンプーだと思います。

 

時間の無いママは一度試してみてはいかがでしょうか(^^♪

モイストスタイリングシャンプー B

 

おすすめ記事↓

【美容師が選ぶ】自然の力でフケ・かゆみを消すシャンプー

美容師おすすめの髪の毛に良い【カスタマイズシャンプー】

【美容師が教える】トリートメントとコンディショナーの違いはなにか?

【今さら聞けない】オーガニックとボタニカルどっちが良い?

コメント