【美容師が選ぶ】自然の力でフケ・かゆみを消すシャンプー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シャンプーボトル シャンプー、トリートメント関連

お疲れ様です、大悟店長です。

 

普段使うシャンプーやトリートメント。

あなたはどんな基準で選んでいますか?

 

  • 値段
  • 内容成分
  • いつも使っているものだから

 

など、いろいろな判断基準があると思います。

 

「美容師がすすめるサロンのシャンプーって本当にいいの…?」

 

とか

 

「市販のシャンプーとインターネットとかに売ってるシャンプーとの違いが分からない…」

 

とか、市販のシャンプーよりも値段が高い分、買うのに躊躇してしまう方も多いですよね。

 

結論から言うと、市販の物よりもインターネットやサロンで売られている物の方が圧倒的に良いものが多いです。

 

 

じゃあ実際になにがどう違うのか?

について、お話していきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

市販のシャンプーとの違いは界面活性剤の違い

『界面活性剤』って、美容師にはかなり馴染みのある言葉なんですが、一般の方にはあまり聞き覚えのない言葉かもしれません。

 

かいめんかっせいざい【界面活性剤 surface active agent】

気体,液体,固体の界面に存在して,その界面エネルギーを大きく変化させ,その結果,界面の物性に大きな変化をもたらす物質の総称。一般に濃度の低い溶液では溶質は単分子の状態で溶解するが,濃度が大きくなると,溶質分子は会合した状態となって存在することがある。高級脂肪酸セッケンの場合は,たとえばメチルアルコール,酢酸などと異なり,水に単分子的に溶解する量はきわめて少なく,ある溶存量以上ではミセルとよばれる分子が会合した状態をつくり,それとともに水溶液の表面に吸着,配位して溶液層よりも高濃度の吸着層を形成する。
引用 コトバンク

 

…分かりづらい(;一_一)

 

かなり簡単に説明すると、水と油のように通常は混ざり合わないもの同士を混ぜ合わせる物質が『界面活性剤』ということになり、これがシャンプーやトリートメントには多く入っています。

 

 

この界面活性剤には色々な種類があり、

その種類によって効果が違くなり、

それぞれの価格も変わるので、

シャンプーやトリートメントの値段も変わってくる。

 

ということになるんですね。

 

スポンサーリンク

界面活性剤の種類

界面活性剤の種類としては4種類に分類することができます。

  • アニオン界面活性剤
  • カチオン界面活性剤
  • 両性界面活性剤
  • 非イオン(ノニオン)界面活性剤

の4つです。

 

その中で主にシャンプーやトリートメントに使われる界面活性剤の種類として、二つに分かれます。

  • アニオン界面活性剤
  • カチオン界面活性剤

の2つです。

 

このうち、

アニオン界面活性剤=シャンプー

カチオン界面活性剤=トリートメント

 

となり、さらにそのなかでも細かく分類され、その種類によって特徴が変わります。

以下は『アニオン界面活性剤』が使われているシャンプーの分類です。

 

 

アニオン界面活性剤分類表示名称の例洗浄力泡立ち刺激の少なさ特徴
高級アルコール系ラウリル硫酸Naラウレス硫酸Na×安価な為、市販シャンプーによく使われる
アミノ酸系ココイルグルタミン酸TEAラウロイルメチルアラニンNa

ラウロイルサルコシンNa

ココイルメチルタウリンNa

△~〇△~〇サロン専売品に多く使われる
PPT系ココイル加水分解ケラチンKココイル加水分解コラーゲンNa

ラウロイル加水分解シルクNa

△~〇△~〇タンパク質由来刺激が少なく高価
石鹸系(アルカリ、酸性)

 

(アルカリ)ヤシ油脂肪酸K×PH値が高く頭皮が刺激を受けやすい
(酸性)ラウレス-3酢酸Na

ラウレス-4カルボン酸Na

適度な洗浄力と泡立ち環境への負担が少ない
a-オレフィン系オレフィン(C14~16)スルホン酸Na洗浄力と泡立ちはあるが頭皮への負担もややある
スルホコハク酸系スルホコハク酸(C12~C14)パレス-2Na頭皮などへの刺激がややある
アミドエーテル硫酸系PEG-3ヤシ油脂肪酸アミドMEA硫酸Na適度な泡立ちと洗浄力があり、高級アルコール系よりは負担が少ない
両性界面活性剤ベタイン系コカミドプロピルベタインココアンホ酢酸Na洗浄力があり目に対する刺激も少なく、ベビーシャンプー等に使われる

 

と、このように色々と細かく分類され、その使うものによって効果や価格も変わってくるということになるんですね。

(ホントはもっといっぱいあるけど書ききれないし頭痛くなりそうなんで(^-^;)

 

スポンサーリンク

すっぴん地肌シャンプーNとは

フケ・かゆみ訴求

 

地肌の善玉菌を育み頭皮環境を整えるシャンプー。
頭皮のかゆみ、フケ、脂漏性にお悩みの方におすすめの自然派アミノ酸系ボタニカルシャンプーです。

 

ボタニカルとオーガニックの違いについては↓

【今さら聞けない】オーガニックとボタニカルどっちが良い?

全成分表

水、コカミドプロピルベタイン、ミリストイルメチルアラニンNa、ラウロイルメチルアラニンNa、コカミドDEA、グレープフルーツ果皮油、プロパンジオール、アルガニアスピノサ核油、カンゾウ根エキス、タチバナ果皮エキス、ビルベリー葉エキス、ヒキオコシ葉/茎エキス、アボカドエキス、ガゴメエキス、カキタンニン、クロモジ水、水溶性プロテオグリカン、アロエベラ液汁、マカデミアナッツ脂肪酸フィトステリル、クエン酸、ペンチレングリコール、安息香酸Na、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、PCA-Na、ラウリン酸ポリグリセリル-10、α-グルカンオリゴサッカリド、BG、エチドロン酸4Na、クエン酸Na、ロイシン、プロリン、アルギニン、グリセリン、グリシン、硫酸亜鉛、ラムノース、セリシン、グルコース、グルクロン酸、エタノール、クオタニウム-18、フィトステロールズ、ベヘントリモニウムクロリド、ヘキシレングリコール、イソプロパノール

 

コカミドプロピルベタインに注目

コカミドプロピルベタインとは、上記のアニオン界面活性剤には属さない両性界面活性剤の一種です。

 

洗浄力があり泡立ちも良く、目に対する刺激も少ないので、ベビーシャンプーなどに使われています。

『コカミド』という成分が昔は発がん性があるのではという話もありましたが、現在でもその因果性は確認されておらず、逆に安全性は高い成分であるとして認知されてきています。

 

善玉菌の力

かゆみやフケの原因として考えられる要因の一つに、脂漏性皮膚炎というものがあります。

 

脂漏性皮膚炎とは、頭皮を中心にみられる慢性の皮膚炎・湿疹です。頭皮以外にも顔、胸、背中、腋窩えきか(わきの下)、股などの毛の生える脂漏部位にみられます。3ヶ月未満の乳児や思春期、40〜60歳代に多い病気です。発症すると、白色・黄色・灰色などを呈するフケのようなもの(鱗屑りんせつ)が皮膚に付着します。皮膚は赤みを帯び、かゆみを伴うこともあれば、伴わないこともあります。

普段の生活では、皮膚を清潔に保つため洗浄することが重要です。また、ステロイドや抗真菌薬が含まれた外用薬などを用いて薬物療法が行われることもあります。

引用 メディカルノート

この脂漏性の原因が最近の研究で悪玉菌の影響という可能性がでてきており、その悪玉菌を除去していこうという考え方なわけです。

 

今までのシャンプーにも『抗菌剤入りシャンプー』というものがありました。

 

 

ただ、抗菌剤系のシャンプーだと善玉菌も除去してしまい、頭皮を保護するバリアー機能も弱り、結果的に頭皮が荒れるということが多かったのです。

 

これを善玉菌の力を抑えることなく、悪玉菌を除去して頭皮環境を整えるようにしたのがこのシャンプーです。
脂漏性訴求

 

スポンサーリンク

お子様にも安心

天然の植物性のシャンプーであり、刺激の少ないベタイン系の界面活性剤を使用しているので、当然お子様にも安心して使えますね。

 

スポンサーリンク

まとめ

かゆみやフケというのは、美容師をやっていてお客様の髪の毛の悩みとしてかなりよく聞くことです。

 

原因はひとつだけとは限りませんが、もし市販のフケ用シャンプーなどを使っていてあまり効果が感じられないという方は、一度試してめてはどうでしょうか。

フケ・かゆみ訴求

 

大悟店長でした(^^)/

 

おすすめ記事↓

美容師おすすめの髪の毛に良い【カスタマイズシャンプー】

【美容師の肌荒れ対策】春先のニキビや赤みの原因と解決方法

【紫外線対策】日焼け止めはSPF50を使ってれば良いのか?

【手荒れの強い味方】美容師が選ぶ最強ハンドクリームはこれ

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました