【成分解析】髪と頭皮を癒すオーガニックリセットシャンプー HANA

スポンサーリンク
スポンサーリンク
シャンプーボトル シャンプー、トリートメント関連

お疲れ様です、大悟店長です。

 

普段使うシャンプーやトリートメント。

あなたはどんな基準で選んでいますか?

 

  • 値段
  • 内容成分
  • いつも使っているものだから

 

など、いろいろな判断基準があると思います。

 

「美容師がすすめるサロンのシャンプーって本当にいいの…?」

 

とか

 

「市販のシャンプーとインターネットとかに売ってるシャンプーとの違いが分からない…」

 

とか、市販のシャンプーよりも値段が高い分、買うのに躊躇してしまう方も多いですよね。

 

結論から言うと、市販の物よりもインターネットやサロンで売られている物の方が圧倒的に良いものが多いです。

 

 

じゃあ実際になにがどう違うのか?

についてお話していきながら、話題の【オーガニックリセットシャンプー HANA】の成分分析をしていきたいと思います。
リセットシャンプー&3WAYトリートメントパック

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

市販のシャンプーとの違いは界面活性剤の違い

『界面活性剤』って、美容師にはかなり馴染みのある言葉なんですが、一般の方にはあまり聞き覚えのない言葉かもしれません。

 

かいめんかっせいざい【界面活性剤 surface active agent】

気体,液体,固体の界面に存在して,その界面エネルギーを大きく変化させ,その結果,界面の物性に大きな変化をもたらす物質の総称。一般に濃度の低い溶液では溶質は単分子の状態で溶解するが,濃度が大きくなると,溶質分子は会合した状態となって存在することがある。高級脂肪酸セッケンの場合は,たとえばメチルアルコール,酢酸などと異なり,水に単分子的に溶解する量はきわめて少なく,ある溶存量以上ではミセルとよばれる分子が会合した状態をつくり,それとともに水溶液の表面に吸着,配位して溶液層よりも高濃度の吸着層を形成する。
引用 コトバンク

 

…分かりづらい(;一_一)

 

かなり簡単に説明すると、水と油のように通常は混ざり合わないもの同士を混ぜ合わせる物質が『界面活性剤』ということになり、これがシャンプーやトリートメントには多く入っています。

 

 

この界面活性剤には色々な種類があり、

その種類によって効果が違くなり、

それぞれの価格も変わるので、

シャンプーやトリートメントの値段も変わってくる。

 

ということになるんですね。

 

スポンサーリンク

界面活性剤の種類

界面活性剤の種類としては4種類に分類することができます。

  • アニオン界面活性剤
  • カチオン界面活性剤
  • 両性界面活性剤
  • 非イオン(ノニオン)界面活性剤

の4つです。

 

その中で主にシャンプーやトリートメントに使われる界面活性剤の種類として、二つに分かれます。

  • アニオン界面活性剤
  • カチオン界面活性剤

の2つです。

 

このうち、

アニオン界面活性剤=シャンプー

カチオン界面活性剤=トリートメント

 

となり、さらにそのなかでも細かく分類され、その種類によって特徴が変わります。

以下は『アニオン界面活性剤』が使われているシャンプーの分類です。

 

 

アニオン界面活性剤分類表示名称の例洗浄力泡立ち刺激の少なさ特徴
高級アルコール系ラウリル硫酸Naラウレス硫酸Na×安価な為、市販シャンプーによく使われる
アミノ酸系ココイルグルタミン酸TEAラウロイルメチルアラニンNa

ラウロイルサルコシンNa

ココイルメチルタウリンNa

△~〇△~〇サロン専売品に多く使われる
PPT系ココイル加水分解ケラチンKココイル加水分解コラーゲンNa

ラウロイル加水分解シルクNa

△~〇△~〇タンパク質由来刺激が少なく高価
石鹸系(アルカリ、酸性)

 

(アルカリ)ヤシ油脂肪酸K×PH値が高く頭皮が刺激を受けやすい
(酸性)ラウレス-3酢酸Na

ラウレス-4カルボン酸Na

適度な洗浄力と泡立ち環境への負担が少ない
a-オレフィン系オレフィン(C14~16)スルホン酸Na洗浄力と泡立ちはあるが頭皮への負担もややある
スルホコハク酸系スルホコハク酸(C12~C14)パレス-2Na頭皮などへの刺激がややある
アミドエーテル硫酸系PEG-3ヤシ油脂肪酸アミドMEA硫酸Na適度な泡立ちと洗浄力があり、高級アルコール系よりは負担が少ない
両性界面活性剤ベタイン系コカミドプロピルベタインココアンホ酢酸Na洗浄力があり目に対する刺激も少なく、ベビーシャンプー等に使われる

 

と、このように色々と細かく分類され、その使うものによって効果や価格も変わってくるということになるんですね。

(ホントはもっといっぱいあるけど書ききれないし頭痛くなりそうなんで(^-^;)

 

スポンサーリンク

オーガニックリセットシャンプー HANA

リセットシャンプー&3WAYトリートメントパック

 

そもそもオーガニックってなんなん?という方は↓

【今さら聞けない】オーガニックとボタニカルどっちが良い?

という記事で詳しく書いていますのでよかったらそちらも読んでみてください。

 

配合成分

以下、配合成分です。↓

 

【リセットシャンプー全成分】
水、オレンジ果実水、コカミドプロピルベタインココイルグルタミン酸2Na、ペンチレングリコール、(カプリリル/カプリル)グルコシド、プロパンジオール、α-グルカンオリゴサッカリド、ドクダミエキス、センブリエキス、キハダ樹皮エキス、オタネニンジン根エキス、コンフリー葉エキス、ボタンエキス、フユボダイジュ花エキス、マンダリンオレンジ果皮エキス、ローズマリー葉エキス、クランベアビシニカ種子油フィトステロールエステルズ、アシタバ葉/茎エキス、グリコシルトレハロース、加水分解水添デンプン、グリセリン、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、ダマスクバラ花油、オニサルビア油、ニオイテンジクアオイ油、イランイラン花油、ビターオレンジ花油、ラベンダー油、ビターオレンジ葉/枝油、オレンジ果皮油、クエン酸、クエン酸Na、ココイルグルタミン酸Na、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、フィチン酸、デキストリン、塩化Na、ミリスチン酸ポリグリセリル-10、イソステアリン酸ポリグリセリル-10、エタノール、BG

 

コカミドプロピルベタインに注目

コカミドプロピルベタインとは、ベタイン系に属する両性界面活性剤です。

 

洗浄力と泡立ち力がありながら目に対する刺激も少ないので、ベビーシャンプーなどによく使われています。

 

お肌のへの刺激が少ない優しい成分ですね。

 

ココイルグルタミン酸2Naに注目

ココイルグルタミン酸2Naとは、アミノ酸系に属するアニオン界面活性剤です。

 

アミノ酸から作られる界面活性剤の種類なだけあり、頭皮への刺激がとても少なく、美容室で使われるサロン専売品と言われるシャンプー類によく使われています。

 

洗浄力と泡立ちはマイルドなものが多いのも特徴で、こちらもかなりお肌に優しい種類の成分と言えますね。

 

おすすめポイント

僕が注目したのは『白髪染めで受けたダメージを癒す』という部分ですね。

一応美容師なんで(笑)

 

公式サイトではコンフリー葉エキスというものの力で白髪染めで受けたダメージを癒してくれるということです。

 

これに関してはちょっとよく分からなかったので調べてみました。

コンフリー葉エキスとは?

コンフリーとは鰭玻璃草(ヒレハリソウ)と呼ばれるムラサキ科の多年生植物で、ヨーロッパや西アジアが原産です。
コンフリー葉エキスはこの葉をブチレングリコール溶液に浸して作られるエキスです。
タンニン、アラントイン、ビタミンを多く含んでいます。

コンフリーの葉は古くから薬草として用いられ、抗炎症作用があるとされています。
日本には明治時代に入り、栄養価が高いとして食用に、またサプリメントなどとしても多く利用されてきました。
しかし海外で肝硬変や肝臓がんなどの肝障害が発症しやすくなることがわかり、日本では2004年以降食用にされることは禁止されています。

コンフリー葉エキスの安全性は?

古くから薬草として葉やエキスを使用していましたから、それほど長期に渡っての使用でなければ危険性は低いと考えられます。

しかし、ピロリジジンアルカロイドという肝毒性のある成分がムラサキ科の植物には多く、コンフリーの葉にも含まれています。
胎盤を通じて胎児へも影響を及ぼすとされており、妊娠中や授乳中は化粧品といえども使用は避けたほうが良いでしょう。

コンフリー葉エキスの役割は?

アラントインという成分に炎症を抑える効果があるので、日焼け止めやニキビケア、アトピー用の基礎化粧品などに使用されます。
また保湿作用と収れん作用があるので、肌を乾燥から守る働きもします。
頭皮環境を整えることで育毛効果が期待できるとして、育毛剤にも配合されています。

引用 re:colorリカラ

 

もともと薬草として永く使われてきた成分ということらしく、妊娠中の方とかでなければ安全性は高いと言えそうですね。

 

抗炎症作用があり、育毛効果が期待できるというのも頭皮の気になり出した方には嬉しいところですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

美容師をやっていると『白髪の悩み=傷みとの戦い』と言ってもいいほどのものだというのはよく分かります。

 

オーガニックシャンプーというものが広く認知されるようになってから色々な種類のシャンプーが出てきていますが、内容成分を見てみないとそれがホントに髪に良いシャンプーなのかということは分かりません。

 

このシャンプーは白髪染めをしている髪や頭皮の悩みのある40代ぐらいの女性に合ったシャンプーと言えそうですね。

リセットシャンプー&3WAYトリートメントパック

 

気になった方は一度試してみてはいかがでしょうか。

大悟店長でした(^^)/

 

関連記事↓

【今さら聞けない】オーガニックとボタニカルどっちが良い?

【美容師が教える】トリートメントとコンディショナーの違いはなにか?

美容師おすすめの髪の毛に良い【カスタマイズシャンプー】

美容液シャンプーLustique(ラスティーク)の効果を検証してみた

【美容師が選ぶ】自然の力でフケ・かゆみを消すシャンプー

【美容師が選ぶ】髪の毛に優しい時短トリートメントシャンプー

30代の髪の毛の悩み【抜け毛多い】を美容師が解決する

30代の髪の毛の悩み【髪の毛細い】を美容師が解決する

【くせ毛の方へ】美容師が教えるくせ毛に合うシャンプー

【ダメージ用シャンプー】美容師が選ぶカラーで傷んだ髪に使うシャンプーはこれ

【つむじハゲ】美容師が教える原因と対策にはまずシャンプーから

コメント

タイトルとURLをコピーしました