【美容師が教える】市販の白髪染めの選び方はこれだけ抑えればOK

スポンサーリンク
スポンサーリンク
髪の根本が白髪の女性 カラー関連

一定の年齢になってくると悩ましい髪の毛の悩みの一つが、『白髪』ですね。

 

美容師をしていると一日に一人のお客様とは必ずと言っていいほどカラーに関する会話をします。

 

今回は、白髪染めのなかでもホームカラーに関しての記事です。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

白髪染めの選び方

サロンでする白髪染めとの一番の違いとしては、自分で色を選ばないといけないということだと思います。

サロンで髪の毛を染める場合であれば、僕ら美容師がプロの目線で色味のアドバイスなどができますが、ホームカラーの場合は誰もアドバイスしてくれません。

 

ドラッグストアなどでご自分で色を選ぶ時の注意点からまずは話していきたいと思います。

 

量がしっかり入っているものを選ぶ

サロンで白髪染めをする場合、【溜め塗り】という塗り方をして白髪染めを行います。

要は根元に薬液が溜まるほどしっかりつけるということなんですが、市販で売られているホームカラー用のカラー剤の場合、この量がかなり少ないのが特徴です。

 

少ないものだと根本だけ染める分でも2箱買わないといけないぐらい量が入っていないものもあるので、内容量ができるだけ多く入っているものを選んだ方がいいですね。

 

泡カラー

最近は結構色んな種類が出てきた泡カラーですが、上記の量のことに関しては泡カラーはかなりしっかり入っているのでおすすめです。

 

ただ、液だれしやすく色味の発色が悪いという特徴もあるので、正しいやり方を覚える必要がありますね。

あなたのやり方は間違っている!【美容師が教える】正しい泡カラーの仕方

 

スポンサーリンク

おすすめは乳液タイプ

泡タイプではないカラー剤で一番量がしっかり入っているカラー剤に、乳液タイプがあります。

 

内容量が多いのと薬液自体が柔らかく伸ばしやすいので、ヘアスタイル次第では一本で毛先まで十分染まる仕様になっていて使いやすいですね。

 

使いやすい落ち着いた色合いのライトブラウン。
くし形で塗りやすく量もしっかり入っている。

 

スピーディーカラー(早染めタイプ)。

より明るめの髪色を望む方に。

 

スポンサーリンク

暗い色の方が染まりやすい

白髪自体に染まりやすいかどうかで言えば、暗めの色の方が間違いなく染まりやすいと言えます。

 

明るめになればなるほど白髪自体には染まりづらく、白髪が浮いた状態になりやすいです。では黒ければ良いのかと言えばそれも今度は白髪が伸びてきたときに目立ちやすくなってきます。

 

…難しいですね(笑)

 

なのでほとんどの方は間をとって『こげ茶』ぐらいのイメージで少しだけ明るい色(ライトブラウン)を選びます。

 

美容師としてもやっぱりその辺りが無難ではないかと思いますね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました