髪の毛がチリチリに!?治せる!?危機感を感じたら美容師の言葉を聞いてみて

毛先を気にする女性美容師が語る
スポンサーリンク

「気づいたら髪の毛がチリチリになってる!!Σ(・□・;)」

 

カラーやパーマのし過ぎによる髪の毛の傷み。

 

「そのうちトリートメントでもしに行けばいいや~♪~(´ε` )」

なんて思っていると、思っている以上に深刻な状態になっているかもしれません。

 

乾燥してくる時期になってくると、もともとチリチリになっている髪の毛が【チリチリ+パサパサ】に。

 

僕ら美容師は結構口酸っぱく(最近はあまり言わないのか…?)お客様との施術中に、

「そろそろトリートメントした方が…」

 

みたいな話をしたりしますが、大体の方は

「今日はいいや~」

とか、

「次の時にお願いします~(^^ゞ」

 

みたいな感じで終わってしまいます。

そういったときは実際僕らもそんなに強くは言えないのでそれで終わってしまうことの方が多いのですが、今回は

 

「あなたの髪の毛ホントにマジで相当ヤバいからね!?」

と、声を大にして言いたい美容師の本音と、

 

  • いつの間にこんなにチリチリになったんだ…
  • 悪いのはカラー?パーマ?
  • 普段のケアはどうしたら?
  • ぶっちゃけた話これ治るの!?

と、美容師の言うことを無視して傷ませまくったあとの本気でヤバいことのなった人向けの記事です。(毒(笑))

 

スポンサーリンク

そもそも髪の毛がチリチリになった原因は?

傷みの原因となるもののうち、大部分を占めるのはやはり【カラー】です。

 

特にホームカラーでご自分で染めたりする場合、美容室で染めるよりもかなりの傷み具合になります。

 

これはサロンカラーよりも市販のカラー剤の方が傷みやすい強い成分のものが多い、というのもありますが、それ以前に技術的な問題があります。

 

ホームカラーの傷みの原因は毛先を何度も染めていること

通常、僕ら美容師がサロンでカラーをする場合、

 

  • リタッチ(根本塗り)
  • フルカラー(全体塗り)

の二種類の塗り方を髪の毛の状態や褪色度合いによって変えながら染めていきます。(メッシュなどの特殊カラーは別)

 

基本的な考え方として髪の毛は染めてから時間が経つほどに褪色(たいしょく)していき、いろが褪せて明るくなっていきます。

 

こうなってくると、特にロングの方であれば毛先~中間~根本と明るさに違いが出てきてしまい、フルカラーをして明るさを均等に整えるということをします。

 

が、ホームカラーをされている方の場合は、こういった思惑で染めるということはなく、毎回毛先まで染めてしまっています。

 

カラー剤をつけたところは必ず傷んでいくので、毎回ただでさえ傷んでいる毛先を毎回傷ませている、という状態になり、当然サロンカラーをするよりも傷みが激しくなり、結果としてチリチリになってしまいます。

 

パーマは思っているよりも傷まない

【チリチリ】という単語を聞くと、なんとなくパーマのせいで、という印象もありますが実はパーマはカラーよりも傷みづらいです。

 

かといって、当然やりすぎはNG。

 

特にカラーとパーマを併用しているスタイルの場合は、相乗効果で単品での施術よりもかなり傷みやすくなっているので、ケアはやはり大事になってきます。

 

スポンサーリンク

普段のケアで出来ることは?

【予防】という面で考えれば、やはり一番は定期的にサロンでのトリートメントをするのが良いですね。

 

だって考えてみてください。

 

  • カラーは定期的にする
  • パーマも定期的にする
  • 毎日ドライヤーやアイロンでセットする
  • お風呂上がりにしっかり乾かすのは面倒
  • でもトリートメントはしたくない…

 

…傷まない訳がない…

 

実際に僕も長い事美容師をやっていますが、サロンでの施術で一番少ないメニューは断トツで【トリートメント】です。

 

髪の毛というのは、ケアしないと勝手に良くなるものではないので、定期的なメンテナンスというのはやはり大事になってきます。

 

シャンプーで良くする

自宅で出来る普段の髪の毛のお手入れとしておススメなのは【シャンプー】です。

 

これも、洗い方がどうのこうのということではなく、【アミノ酸系シャンプー】や【PPT系シャンプー】といった髪の毛に優しいシャンプーを使うといった非常にシンプルな方法で、思った以上に髪の毛の状態が改善することが多々あります。

 

ドラッグストアなどで売られている一般的なシャンプー類は多くが【石油系】に属するものが多く、これは洗浄力が高く、泡立ちも良すぎてしまい油分を取りすぎてしまう傾向があります。

【つむじハゲ】美容師が教える原因と対策にはまずシャンプーから

 

それに比べ、【アミノ酸系】や【PPT系】のシャンプー類は洗浄力が高すぎず、必要な油分を取りすぎない刺激の少ない優しいシャンプーであると言えるので、特にチリチリになってしまった髪の毛にはおすすめです。

 

アウトバスの優秀さ

お風呂上りに髪の毛に付けるケア用品のなかに【アウトバス】と言われるものがあります。

 

用途としては、

  • トリートメント効果
  • 髪がまとまりやすくなる
  • ドライヤーの熱から守る

等ありますが、これはチリチリになってしまった髪の毛にも有効です。

 

一般的なものに

  • ヘアオイル
  • ヘアミルク
  • ヘアミスト
  • ヘアクリーム

などがありますが、これはご自分の髪の毛の状態に合わせて変えてあげるといいと思います。

【美容師おすすめ】ヘアミルクの効果的な使い方 ヘアオイルとの違いは?

【美容師おすすめ】ヘアオイルの種類と使い方 これ使ってれば間違いない

 

スポンサーリンク

ぶっちゃけた話髪の毛の傷みは治らない

色々とチリチリになった原因やお手入れ方法などを話してきましたが、ぶっちゃけた話、髪の毛の傷みは治りません

 

「なんだよじゃあ今までの前振りなんも意味ないじゃん!ヽ(`Д´)ノプンプン」

 

そうなんです。治らないので、改善するしかないんです。

 

髪の毛になかにあるケラチンという成分が傷みと共になくなってしまい、それがなくなることで傷んでいる状態になるのですが、現状ではこれに類似した成分を髪の毛に入れて改善することしか出来ません。

 

もっと何年もして毛髪化学が進化していけばこれに代わる技術が開発されるかもしれませんが、現状では【治す】ということは出来ないんですね。

 

改善したとしてもやはり施術的な問題なので、時間が経てば元のチリチリした髪の毛に戻ってしまいますし、継続的なケアが必要ということにはなります。

 

スポンサーリンク

普段のケアがどれだけ大事か

色々言ってきましたが、結局僕が言いたいことは「普段のケアの大事さは半端ない!!」ってことです。

 

行きつけのサロンの美容師にトリートメントを促されたら、ケチらずやった方があなたのためですよ、ってこと。

 

それもしないなら、せめて普段のケアぐらいはちゃんとやってね、っていう。

 

この記事を書くにあたって一応調べてたらなんか興味深い記事がありました。

【チリチリ髪の解決方法】自宅のシャンプーとトリートメントを変え、髪質改善で扱いやすい綺麗な髪へ

という美容室Lilyさんの美髪アドバイザー幸村優太さんの記事です。

 

【美髪アドバイザー】…かっこいい…(羨)

どんどん進化

していく毛髪業界にこれからも期待です。

 

美容師が語る
スポンサーリンク
スポンサーリンク
daigotenchouをフォローする
スポンサーリンク
大悟店長のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました