髪型にこだわりない人?

美容師が語る
スポンサーリンク

お疲れ様です、大悟店長です。

 

スポンサーリンク

髪型へのこだわりはある?ない?

ヘアスタイルって人によって『こだわりの強い人』と『どうでもいい人』に分かれますよね。

 

美容師にも同じように『こだわりの強い美容師』と『そうでもない美容師』がいて、大悟店長はどちらかと言えば『そうでもない美容師』です(笑)

 

と言うのも、『美容師がどれだけこだわって納得のいくスタイルを作っても、お客様が気に入るとは限らない』からです。

 

こういう話はネットで検索してみると、美容師目線ではこだわりの強いお客様とこだわりの無いお客様のどちらの方がやりやすいのか?とか、美容師の人が実際に「自分はこだわりの強い人の方がやりやすいです!」とか、「自分はこだわりの強い人は苦手です…」とかって上げてたりします。

 

正直に言うと、どっちでもいいです(笑)

 

こだわりの強いお客様と美容師

まず、「こだわりの強いお客様は苦手」という美容師は、練習不足です。

ただし、美容師も魔法使いではないので、無理なものは無理です。

 

それはそのお客様の髪質と求めるヘアスタイルが合わない、もしくは出来ないという場合、はっきり伝えなければならないということです。

特に気の弱い美容師は『無理なものは無理』と言うことが出来ず、なんとなく切り始めてしまって形にならず、クレームになったりします。

後々詳しく話を聞いてみると、最初から無理なオーダーだったのにも係わらず切ってしまったとか。

 

 

…なんじゃそりゃ(*_*)と。カウンセリングの練習不足とも言えますね。

 

また、「こだわりの強いお客様が得意!」と言う美容師はその美容師もこだわりの強いタイプなことが多いです。

そのこと自体は悪いことではないのですが、こだわりが強すぎて美容師じゃないとセット出来ないスタイルになってしまうこともあります。

それだと普段の髪の毛のお手入れが大変ですよね。

 

結局のところこだわりが強いのが良いのか、悪いのか、っていう話でもなく、そのヘアスタイルが髪質に合っているのかどうか、という話なだけということになります。

髪質に合ったヘアスタイルであれば普段のお手入れも楽ですしね。

 

僕はいつもそれを意識して切っているので、そういう意味で美容師としてこだわりが強いか?と言われれば、『そうでもない』タイプということになります。

 

 

こだわりの強いお客様の特徴

ただ、長年美容師をやっていて思うのですが、『こだわりの強いお客様は気が強い』です。

 

完全に共通点ですね。

(逆に気が強いからこだわりも強いのか…?)

 

ヘアスタイルにこだわりがあるってのは『髪質や輪郭やお顔立ちに悩みがある』っていうことなんで、それを一個一個解決していければ良いだけなんです。

 

それを『カウンセリング』としてカットをする前にしているはずなんですが、こだわりの強いお客様はまぁ話を聞きません。

多分その辺が『こだわりの強いお客様が苦手』という美容師の主な理由になるんでしょうね。

 

 

まとめ

ヘアスタイルにこだわりが強いのが美容師にとってやりやすいか、やりづらいかという事に関しては、『その美容師による』としか言えません。

 

ただ、美容師は魔法使いではないので、無理なものは無理です。

 

カットをする前にする『カウンセリング』は、『美容師と一緒にしている髪の毛の診断』です。

ちゃんと『一緒に』髪の毛の悩みを共有出来るように、話を聞いてくださいね!

 

 

大悟店長でした(^^ゞ

 

美容師が語るカット関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
daigotenchouをフォローする
スポンサーリンク
大悟店長のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました