【頭皮の痒みに】アミノ酸系炭酸シャンプーBESHINE(ビシャイン)とは

シャンプーされている女性シャンプー、トリートメント関連
スポンサーリンク

「毎日シャンプーしてるのに頭皮がかゆい!」

 

オーガニック炭酸シャンプー【BESHINE】

 

頭皮の痒みの原因には多々あります。

主な原因は「乾燥」によるものが多いですが、詳しくは↓

頭皮が痒い原因はこれ【美容師おすすめシャンプー】

 

時期的な乾燥というものも当然ありますが、僕のようにもともと乾燥肌な人にとってはこの【頭皮の痒み】というものはかなり深刻な悩みだったりします。

 

この深刻な悩みの【頭皮の痒み】を、炭酸の力でどうにかしてくれる(?)というオーガニック系炭酸シャンプーBESHINE(ビシャイン)について、今回は検証していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

頭皮の老化に注目した炭酸シャンプー

頭皮専用エイジングケア※シャンプー

 

ある程度の年齢になってくると髪の毛、頭皮への悩みは年々増えていくもの。

この事象を『頭皮の老化』と表現して、『頭皮ケア』をしていこうというのがこのシャンプーの特徴となります。

 

髪にも頭皮にも優しいアミノ酸系シャンプー

洗浄力があまり強くない代わりに、髪の毛や頭皮に必要な油分を取りすぎず、刺激が少ないのがアミノ酸系シャンプーの特徴です。

 

最近は結構この種類の界面活性剤を使っているシャンプー剤は増えてきてますし、『エイジングケア』を謳うなら最低限このあたりはクリアしないといけない最低ライン、というぐらいのものなのでこの辺は簡単に。

 

スポンサーリンク

炭酸のチカラでエイジングケア

炭酸パワーで頭皮に活力を!

 

炭酸のチカラは実はかなり前から美容業界では当然のように言われてきていました。厳密には

炭酸=肌に良い

ではなく

炭酸=肌を活性化してターンオーバーを促す

となります。

 

いまだに色々な方の意見が飛び交い、

「炭酸なんて使っても意味ない!!」

という人と、

「炭酸の力はすごい!!」

 

という方に分かれたりしますが、僕は結構「炭酸すごい!!」派です。

 

プラセンタや岩塩みたいに直接身体に作用してターンオーバーを促したり、前々から言われている「炭酸」なのであまり目新しさもないのですが、身体に多少の負荷をかけてターンオーバーを促すというものは炭酸以外にはあまりないんですよね。

プラセンタの効能と効果的な摂り方【豚、馬、羊、海洋性、植物性プラセンタ】

 

なんか鍛えられてる感じがして良い気がして(笑)

 

フケ、カユミ、頭皮のニオイの改善効果

 

高濃度の炭酸のチカラにより、小さな泡が毛穴に入り込んで汚れを落とし、雑菌の繁殖を抑える、というのも特徴です。

 

スポンサーリンク

配合されている美容成分は?(頭皮)

配合されている美容成分は3種類です。

それぞれ、

  1. パッションフルーツエキス
  2. ビルベリーエキス
  3. アーチチョーク

となっています。

 

1.パッションフルーツエキス

パッションフルーツは、β-カロチンやビタミンCなどのビタミン類やクエン酸などの栄養成分を含む沖縄県特産の果物です。健康を促すフルーツとして注目され、絞った果汁はジュースやワインに、果肉はジャムなどに加工されます。和名のトケイソウは、花の形が時計に似ていることに因みます。

引用 コスメティックラウンジドットコム

『美肌エキス』とも呼ばれ、高い抗酸化力が期待できる沖縄原産のフルーツから採れる成分です。

シャンプー剤としてこれを使うことにより、頭皮を引き締める効果などが期待できます。

 

2.ビルベリーエキス

ビルベリー(学名:Vaccinium Myrtillus L.)は、北欧の森林や草原、北米やカナダの砂地に生育する野生の多年生落葉低木で、 ヨーロピアンクランベリーの近縁種で夏に酸味のある黒紫色の果実をつけます。よくブルーベリーと間違えられますが、ビルベリーが野生の落葉低木で多種多様なアントシアニン、抗酸化物質ポリフェノール類を豊富に含む事より医薬品、健康食品に使用されるのに対し、 ブルーベリーは成分よりも生食用として品種改良され大量に露地栽培されており、主に生食果物、ジュースとして使用されております。

引用 グローブサイエンス

ポリフェノールなどの抗酸化物質を多く含む北欧原産の果実から採れるエキスです。

美容的な効果としては、しわやたるみを予防する効果があると言われています。

 

3.アーチチョーク

 アーチチョーク葉エキスの毛穴改善パワーは、苦味成分「シナロピクリン」がカギを握っている。この成分が、ストレスや紫外線などの刺激により活性化され、肌に悪い影響を及ぼすたんぱく質「NF-κB」を抑制。肌の生まれ変わり期間(ターンオーバー)が乱れることによって起こる毛穴の開きを改善したり、毛穴の中に溜まったメラニンによって起こる黒ずみを目立たなくさせるという。また、コラーゲンが分解されることで起こる毛穴のたるみにもアプローチ。肌にハリや弾力を与えて、毛穴を目立たなくさせる力も秘めているとか。

お肌にハリ、弾力を与え、肌荒れを予防したりといった効果が期待できます。

毛穴の開き、黒ずみなどの毛穴トラブルにも効果が期待できると言われ、美容業界で注目の成分です。

 

スポンサーリンク

髪の毛にアプローチする美容成分は?

上記の3つの美容成分の他に、ビシャインには髪の毛に向けた3つの美容成分が配合されています。

 

  • ローズヒップエキス
  • バオバブエキス
  • ツバキオイル

この成分により髪の毛にツヤを与え、ダメージの修復や保水、保湿といった髪の状態を健やかに保つことができるようになっています。

【美容師おすすめ】ヘアオイルの種類と使い方 これ使ってれば間違いない

【美容師おすすめ】ヘアミルクの効果的な使い方 ヘアオイルとの違いは?

 

スポンサーリンク

まとめ

かゆみの原因である「乾燥」を緩和するようなシャンプーを探していたところ、この【BESHINE(ビシャイン)】を見つけ、色々検証してみました。

 

オーガニック炭酸シャンプー【BESHINE】

痒みの大元の原因として考えれば、「頭皮環境の乱れ」ということになりますし、その部分からのアプローチが結局のところ頭皮も髪の毛も良くしていくための近道ということになると思います。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました