髪エステが出来る【白髪染めトリートメント】クロエベールで美髪サラツヤに?

綺麗なツヤ髪カラー関連
スポンサーリンク

「また白髪が出てきた…」

染めても染めても出てくる白髪。毎月の悩みの種ですね。

 

「(染めるには髪が傷むし…)」
「(かと言って染めない訳にもいかないし…)」
「(今月は出費が色々かさんで…(´;ω;`)ウゥゥ)」

白髪の処理に気を遣う女性の多くは、仕方なくも毎月白髪染めをしない訳にはいかないものです。

 

最近は新しい考え方として【グレイヘア】というやり方を実践している方も増えていますが。

 

これはこれで【その間の移行期が大変】という問題があったりするので、合う人、合わない人がいると思います。

白髪染めはもう嫌!【グレイヘア】にする7つの方法を美容師が本気で考えました

 

今回は、

  • もっと楽に髪の毛を染めたい!
  • 髪の毛を傷ませるのはもう嫌だ…
  • サラツヤな髪の毛になりたい!

 

と、いう方向けの記事です。

スポンサーリンク

髪エステで美髪に?

【カラートリートメント】というものを試したことがある方は意外と少ないようですね。

クロエベール_濃色うるツヤ手触り

美容師として普段サロンで働いているなかで、そういった話をした時にカラートリートメントの存在自体を知らないという方が意外と多くて驚きました。

 

サロンで行うカラーや市販の白髪染め以外にも、白髪を染める方法というのはあるものです。

スポンサーリンク

そもそもカラートリートメントとは

白髪を染めようと思った場合、一般的な白髪染めやマニキュアが思い浮かぶ方は多いと思います。

 

サロンワークで考えればこれに「メッシュ」や「ウィービング」などの専門的な染め方も出てくるのですが、今回は単純に染めるカラー剤の話なのでここは割愛します。

 

カラートリートメントとは、【徐々に染まっていくカラー剤】というものです。

 

通常のカラー剤は一度施術を行えば、約30分~40分ほどで発色し、その後シャンプーで流せば染まるというものです。

 

カラートリートメントに関しては一度の塗布でしっかり染めるというものではなく、シャンプー後に日ごとに施術していくことで少しずつ色が入っていくものということになります。

 

一度の塗布で色がしっかり入らない代わりに、髪の毛が傷みにくいという特徴もあります。

 

スポンサーリンク

副作用は?

カラートリートメントとは言ってもやはりカラー剤の一種。

 

「副作用が全くない」なんてものは存在しません。

クロエベールはどうか?というと、植物由来の成分が多数使われていて、カラートリートメントの中でもかなり髪の毛に優しい作りになっています。

 

成分のなかで少し気になる箇所があるとすると、

  • カチオン界面活性剤
  • 防腐剤

 

が入っているという点ですが、どちらもかなりの敏感肌の方であれば稀に肌トラブルを起こす可能性がある、という程度のもの。

 

カチオン界面活性剤に関してはもともとシャンプーに通常使われている成分なので、そこまで気にすることはないかと思います。

 

スポンサーリンク

乾いた髪に使える

だからダメージに強い 乾いた状態で染められるから摩擦などのダメージにも強い!

よくあるカラートリートメントは、シャンプー後に使うものなので当然髪の毛が濡れた状態で使います。

 

この【クロエベール】は乾いた髪に使うタイプ。

 

なので使い方で考えれば通常のカラー剤と似たものといえるかもしれません。

 

ただ、その分髪の毛を傷めずらいつくりになっています。

 

スポンサーリンク

美髪成分20種類以上配合

さらに!ワンランク上の髪に仕上げる美髪成分がたっぷり。こだわりの美髪成分が20種類以上!クロエベールは8種の海藻エキスと、植物原料、さらにツバキやシルク、米ぬか、黒大豆など美髪に導く成分を20種以上も配合。白髪が染まるだけではなく、美しい髪を目指せるスペシャル美髪パックなのです。

 

美髪成分が実に20種類以上配合というカラー剤はあまりありません。

クロエベールの代表的な美髪成分に、

  • ヘアケアキューブ
  • エテルナ
  • サクラン

 

という三つの成分があります。

1.ヘアケアキューブ 2.エテルナ 3.サクラン

 

ここまでいくとカラー剤にトリートメント効果があるのではなく、トリートメントにカラー作用があると考えた方が近いかも?

 

ただ、そうなってくると

「ホントにちゃんと染まるのか?(?_?)」

 

というところに不安になってきますね。

 

スポンサーリンク

カラートリートメントは染まらないという【誤解】

10分でこんなにキレイに染まる!

一般的なカラートリートメントのイメージとして、「染まらない」と言われることがあります。

 

これはホントに誤解で、多くの場合は使い方に問題があります。

確かに染まりづらい、というのは間違いないと思いますが、この辺りはちゃんと使用方法を読んで適切な使い方をおススメします。

 

逆に染まりすぎてしまうのではないか?という不安

クロエベールの売りの一つとして、【最短10分】というものがあります。

 

最短10分…

 

これには美容師として「…?」となってしまいます。

 

カラートリートメントの染まるスピードとしてはかなりの異例さで、いわゆる【早染め】と言われるようなカラー剤並みの早さであり、ホントにそんなに早く染まるのであればかなりの色素量になってしまうため、相当暗い仕上がりになるはずです。

 

それに、カラー剤の力もかなり強くなっているはずなので、髪の毛へのダメージはかなりのものなにでは?と思います。

 

このあたりに関して詳しい情報がないので、そこは試してみないと分からないところですね。

 

スポンサーリンク

特別価格あり

こういったネットでの美容商材の定番である【定期便】、これにもしっかりあります。

 

 

色も2色から選べ、2本以上の注文であれば送料無料。

 

サロンで毎月カラーとトリートメントをするのと比べればかなり安価であると思います。

(うちのサロンでやったら一番安くてもセットで8100円ほど)

クロエベール_白髪ケア

気軽にやれるカラーとトリートメントと思えば選択肢の一つとして良いのでは?

 

 

カラー関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
daigotenchouをフォローする
スポンサーリンク
大悟店長のブログ

コメント

タイトルとURLをコピーしました