敏感肌でも白髪は嫌!頭皮が痛くないカラートリートメント

スポンサーリンク
スポンサーリンク
髪の根本が白髪の女性カラー関連

「白髪は染めたい…」

「頭皮が弱くて普通の白髪染めは不安…」

「そもそも髪の毛を傷ませたくない…」

髪萌

 

白髪の悩み自体は一定の年齢を過ぎると誰にでも出るものです。

普通にサロンで染めたり、市販のカラー剤を使えるのであれば問題ないのですが、敏感肌の方だとそれも難しいですよね。

 

「いっそカラーやめて流行りのグレイヘアにしたい!」という方は↓

白髪染めはもう嫌!【グレイヘア】にする7つの方法を美容師が本気で考えました

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

そもそも何故頭皮が痛くなるのか

よくある「ピリピリする」という染めたときにでる状態、これは主に【ジアミン】という成分が関係しています。

 

この【ジアミン】は、一般的なカラー剤にはかなりよく使われている成分です。

肌がもともと強い人なら特に問題もないのですが、敏感肌の方などはこの成分に肌が負けてしまい、ピりっとした感覚となって表れてしまいます。

 

スポンサーリンク

ノンジアミンのカラートリートメント

で、あればその【ジアミン】を使わなければいいのでは?という発想でできたのがこのカラートリートメント【髪萌HATSUMOE】です。

 

髪萌

 

一般的なカラー剤であれば最近はこういう【ノンジアミン】というものも出てきてはいるのですが、「カラートリートメント」でというものは珍しいです。

 

でも、【ノンジアミン】なのにホントにちゃんと染まるのか?

 

スポンサーリンク

早染め5分

 

早染めを謳っているカラー剤はよく見かけますが、そういういタイプのものは大抵が色素が濃くなっているものが多いです。

 

簡単に言うと暗くなりやすいということ。

 

そして色素が多い分、髪の毛にも負担をかけやすく、当然頭皮にも負担がかかるものが多いのが現状です。

 

このカラートリートメントはそも部分を解消しているようなことが書かれていますが、肝心の『なぜ?』が書かれていません。

 

 

実際のところ染まり具合に関してはその人個人の感覚に近いものもあるので、やってみないと分からない部分かもしれませんね。

 

スポンサーリンク

12種類の植物由来成分配合

 

トリートメントの力で髪の毛をサラつやにしてくれながらカラーも出来るというのがカラートリートメントの特徴。

 

で、あればしっかりトリートメントの部分にも注目してみましょう。

 

【12種類の栄養成分】といってもトリートメントとしてみればそんなに多いというわけでもありません。

20種類以上のものが最近は結構でていますからね。

髪エステが出来る【白髪染めトリートメント】クロエベールで美髪サラツヤに?

 

成分的にもよく見るトリートメント成分のもの。悪いわけではないですが、無難な配合といった感じですね。

 

 

美髪オイル成分も3種類配合、これに関してはかなり良いのでは?

 

植物オイルの力でサラツヤの髪になりやすそうですね。

 

スポンサーリンク

お得な定期便あり

こういったネット商材によくある定期便、この商品にもしっかりありました。

 

毎月サロンでカラーしてトリートメントして…

という金額と比べればかなり安価なのでは?

(うちのサロンだと一番安いセットで8100円ほど)

 

髪萌

 

頭皮の弱い方でも最近はこういったカラー剤という選択肢がありますので、一度考えてみては?

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました